国内版求む!OPPO Pad Air発表。手に取りやすい価格とミドルクラスの性能を持つタブレット端末

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Oppo Pad【Snapdragon 870搭載のハイエンドタブレット】
価格:79800円(税込、送料無料) (2022/5/24時点)

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク

はじめに

 

OPPO Pad Air(OPPO中国版公式ページ)

 

3月に中国で発売された、初のタブレット端末OPPO Pad。

現在のところ、残念ながら国内版発表はされていませんが…

先日OPPO Reno8シリーズの発表とともにタブレット端末第二弾が発表されています。

 

 

端末名はOPPO Pad Air

どこか聞き覚えのあるネーミング…

今回はこちらの紹介となります。

 

※ブログで使用している画像は公式ページ(中国版等)より引用しています。

Youtube版

 

OPPO Pad Airのおもな性能・機能

 

OPPO Pad Air(OPPO中国版オフィシャルショップ)

 

2022年6月発売。

中国版はメモリー・ストレージ容量の違いから3バージョン存在します。

公式ショップでの標準価格は最安で1,299元(日本円にして約24,800円)

 

約10.36インチ2K(2,000×1,200)液晶ディスプレイ

 

 

(CPU)Snapdragon 680 (GPU)Adreno 610

 

 

メモリ4・6GB/ストレージ64・128GB(microSDスロットあり)

 

高さ252.2×幅163.8×薄さ6.99(mm)、重さ440g

 

 

(カメラ)メイン800万画素、フロント500万画素

 

 

バッテリー7,100mAh(18W急速充電対応)

 

 

ColorOS(Android12相当)

 

顔認証

 

クアッド(4つ)スピーカー、Dolby Atmos、ハイレゾ

 

 

シルバー、グレーの2色展開

 

 

NURO 光

端末のポイント

 

 

OPPO Pad Airは、ミドルクラス相当のタブレットです。

搭載されているCPUのベンチマークスコアは約25~27万点

 

タブレット基準だとミドルですが、現在のスマホ基準で行くとミドルロークラスといったところでしょうか。

国内発売でいえば、XiaomiのRedmi Note11と同じCPUです。

 

 

ハイスペックだったOPPO PadのCPUに対し、OPPO Pad AirのCPUはミドルクラス端末の中でもそこまで高得点ではありません。

ただしミドルクラスの中華タブレットに搭載されることの多い、UNISOC Tiger 618(ふり幅は大きいですが20~25万点)よりは少し高め。

 

 

これがOPPO PadとOPPO Pad Airの最も異なる点です。

見た目は同じ大きさ、という印象です。

実際はディスプレイサイズが異なるにもかかわらず、実寸値が全く同じという点には驚き(重さは異なります)。

 

 

スマホだと4GB+64GBメモリー・ストレージだと物足りなさを感じますが、タブレット端末だとちょうどいいのかもしれません。

 

もともとタブレット端末はスマホと比べ、メイン端末として利用されることが多くありません。

手軽に使えるという点を重視したCPU選びのような印象が残ります。

 

 

国内版のミドルタブレットというと、ipadはもとよりAndroid端末もXiaomi Pad5のように少し高めの価格設定(4万円台から)。

価格を抑えた手軽さではまだエントリークラスという印象が。

OPPO Pad Airのような価格帯のミドルタブレットが国内参入し、タブレット市場の幅が広くなることを願うばかりです。

 

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント