1万円台のエントリータブレット端末・TECLAST P30 Air【中華タブレット】

スポンサーリンク

はじめに

 

P30 Air(Tecklast中国版公式ページ)

 

Tecklast社(台電=タイディエン)のタブレット端末を紹介。

今回の端末名はTECLAST P30 Air

Airと名の付く通り、入門編的意味合いをもつエントリータブレットです。

 

 

※ブログで使用している画像は公式ページ(中国版等)より引用しています。

 

 

発売日・価格と性能・機能

 

P30 Air(Tecklast中国版公式ページ)

発売日・価格

 

P30 Air(JD.com)

 

2022年7月発売。

価格はブログ作成現在、販売を確認できた中華ECサイトJD.comでの価格は699元(日本円に換算すると約13,600円)

ただし、翻訳するとブログ作成現在は品切れとなっていました。

 

おもな性能・機能

 

約10.1インチWUXGA(1,920×1,200)IPS液晶ディスプレイ

 

 

(CPU)Media Tek MT6762(P22)(GPU)PowerVR GE8320

 

 

メモリ4GB・ストレージ64GB(microSDスロットあり)

 

高さ240×幅163×薄さ7.8(mm)、重さ440g

 

 

(カメラ)メイン800万画素、フロント500万画素

 

 

バッテリー6,000mAh

 

Android12

 

 

デュアルSIM(nanoSIM)

 

 

シルバー(単色展開)

 

 

端末のポイント

 

P30 Air(Tecklast中国版公式ページ)

 

TECLAST P30 Airは、エントリークラスのタブレットです。

搭載されているCPUのベンチマークスコアは約9.3~高く見積もっても10.7万点という評価。

 

同じCPUを搭載しているタブレットとしては、Lenovo Tab M10 Plus(2nd Gen)があります。

国内版である、価格は約3万円といったところ。

 

 

 

 

先日当ブログで取り上げたのはLenovo Tab M10 Plusと、名前は同じですが(3rd Gen)となっており、この端末の後継機となっています。

 

 

この廉価版的クラスの端末にしてはカメラ性能は若干高め。

重量は当ブログで取り上げた中華タブレットでは同じTECLASTのM40 Air(430g)に次ぐ、440gと軽量。

防水防塵機能・イヤホン端子はありません。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント