物足りない?3月国内版発売、Redmi Note 11【Xiaomi】【ミドルクラス】

スポンサーリンク

はじめに

 

Note 11(Xiaomi公式ページ)

 

先日、中国版のRedmiシリーズを発表したXiaomi。

早くも待望の国内版の発売のお知らせです。

Note 11

 

 

今回は、中国版との性能・価格の違いが気になるこの端末を紹介します。

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

Youtube版

 

  

Note 11の性能・機能

 

Redmi Note 11(Xiaomiオフィシャルショップ)

 

2022年3月10日発売

価格は中国版が3バージョンあったのに対し、国内版はシンプルにひとつ、24,800円

国内版にもかかわらず、価格を抑えた端末の性能・機能は以下の通り。

 

約6.43インチ FHD+(2,400×1,080)有機ELディスプレイ

 

 

幅73.87×高さ159.87×薄さ8.09(mm)。重さ179g

 

 

Snapdragon 680(CPU)Adreno 610(GPU)

 

 

メモリ4GB、ストレージ64GB(microSDスロットあり)

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

メイン広角5,000万+超広角800万+マクロ200万+深度200万(クアッドカメラ)。フロント1,300万画素

 

 

バッテリー5,000mAh(急速充電33W対応)

 

 

MIUI13(Android11相当)

 

側面指紋認証+顔認証

 

イヤホン端子あり・防水防塵機能(IP53)

 

スターブルー、トワイライトブルー、グラファイトグレーの3色展開

 

 

端末のポイント(中国版Note 11E Proとの違い)

 

※中国版Redmi Note 11Eはエントリークラスのため、今回の比較は11E Pro(ミドルクラス)との比較記事となります。

 

 

Redmi  Note 11はエントリークラスに近い、ミドルクラスのスマホです。

名前の似た中国版Redmi Note11E Pro(5G)が同じミドルクラスですが、似ているのは名前だけ。5G版→4G版へと変更になっています。

 

カメラはトリプル(3眼)カメラから、クアッドカメラ(4眼)へとグレードアップ。

性能・機能はもとより、外観もまるで別物というわけです。

 

 

メインとなるCPUはSnapdragon 680(4G)

当ブログでは、ほかにVivo V32(Vivo Y21T)に搭載されている、実績のまだまだ少ない、新規CPU。

ベンチマークスコアは約27万点と、中国版と10万点ほどの能力差があります。

 

 

さらに、メモリー・ストレージ容量が4GB+64GB

ストレージはSDカードで補えるとはいえ、現在のミドルクラス基準でいくとかなり物足りなさを感じるのではないでしょうか。

 

 

有機ELディスプレイ・イヤホン端子・防水防塵に対応は中国版をそのまま引き継いでいますが、おサイフケータイは非対応

 

抑えた価格に満足できるものの、基本性能が犠牲になっている点はかなり残念。

 

NURO 光

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

コメント