ミドルロークラスの中華タブレット・ALLDOCUBE iPlay 50【中国版】

スポンサーリンク

はじめに

 

iPlay50(Alldocube海外版公式ページ)

 

中国のスマホメーカー、icube社(酷比魔方=クービーモーファン)から新しいタブレット端末の発表。

ALLDOCUBE iPlay50

ALLDOCUBEのタブレットは紹介・購入しレビューしたことも。

TECLAST社と並ぶ中華タブレットと言えば…のメーカーです。

 

 

 

 

※使用している画像は公式ホームページ(海外版等)より引用しています。

 

 iNoteのおもな性能・機能

 

iPlay50(天猫(テンマオ)Tmall海外版)

 

2022年10月発売。

価格は中国国内サイトで799元(日本円で約1.6万円)と表示されています。

画像には599元(約1.2万円)の表示が。プレセール価格でしょうか。

 

約10.4インチ2K(2,000×1,200)IPS液晶ディスプレイ

 

 

UNISOC Tiger T618(CPU)Mali-G52(GPU)

 

 

高さ246.7×幅156.5×厚さ8.2(ミリ)、重さ475g

 

 

メモリ4・6GB、ストレージ64GB・128GB(microSD対応)

 

 

メイン800万画素+フロント500万画素のシングルカメラ

 

 

デュアルSIM(nanoSIM)

 

 

6,000mAhバッテリー

 

 

デュアルスピーカー、イヤホン端子あり

 

 

Android12

 

GPS搭載

 

 

グレー単色展開

端末のポイント

 

 

ALLDOCUBE iPlay50はミドルロークラスに位置するタブレット端末です。

この評価は、搭載されているCPUのベンチマークスコアが約20.8万点から。

中華タブレットの多くで採用されているCPUです。

 

中華タブレットは現在Amazonや楽天市場など、数多くの端末が国内でも購入できるようになっています。

価格もこの値段帯が国内で入手できるとしたら嬉しいところ。

 

性能はそこまで高くはないですが、動画や音楽などを聴いたり、zoomなどのオンライン通信などに使う分には申し分ありません。

ただし、GPSは付いていますが国内製ではないため、過度に期待は禁物です。

 

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報をメインに、役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント