国内正式対応・ミドルタブレットという希少価値。Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)発表

 

スポンサーリンク

はじめに

 

Lenovo Tab M10 Plus(レノボジャパン公式ページ)

 

Lenovo(国内ではレノボジャパン)からタブレット端末が発表されました。

Lenovo Tab M10 Plus(3rd Gen)

 

国内正式対応の少ないタブレットということで取り上げています。

(ミドルクラス以上になるとさらに少なくなります)

 

※ブログで使用している画像は公式ページ(国内版・海外版)等より引用しています。

Youtube版

 

発売日・価格と性能・機能

 

Lenovo Tab M10 Plus Gen3 グローバル版(Lenovo海外版公式ページ)

発売日・価格

 

2022年発売を予定していますが、ブログ作成時点の具体的な発売日・価格は未定です。

公式ページにも価格表示はされていないようす。

 

参考までに、グローバル版の価格は219ユーロ日本円に換算すると約3万円)。

CPUの異なる先代Lenovo Tab M10 (3rd Gen)の現在の取引価格は3万円前半から、といったところです。

 

おもな性能・機能

 

10.61インチ2K(2,000×1,200)IPS液晶ディスプレイ

 

 

高さ251.2×幅158.8.×薄さ7.5(mm)、重さ465g

 

 

(CPU)Snapdragon 680 4G(GPU)Adreno 610

 

メモリ4GB、ストレージ64GB(microSDスロットあり)

 

(カメラ)メイン800万画素、フロント800万画素

 

 

バッテリー7,500mAh(急速充電20W)

 

Android12

 

クワッド(4つ)スピーカー搭載、イヤホン端子あり

 

 

nanoSIM(4GLTE/Wifiモデルあり)

 

グレー(単色展開)

 

 

端末のポイントと購入時の注意点

 

Lenovo Tab M10 Plus(レノボジャパン公式ページ)

 

端末のポイント

 

Lenovo Tab M10 Plus(3rd Gen)ミドルクラスのタブレットです。

搭載されているCPUのベンチマークスコアは約25.5~27万点。

 

最近、同じCPUを搭載したタブレットで【国内ではRedmi Note11や、タブレット端末では海外版OPPO Pad Airなどに搭載されているCPU】として紹介していました。

そう、これは海外版HONOR Pad8と同じCPUを採用しています。

 

 

このクラスの中華タブレットはそこまで多くないものの、国内版ではかなり希少なミドルクラスタブレット。

(OPPOやXiaomi製のタブレットは、iPad系を除けばハイクラス。中間的立ち位置が意外と多くない)

 

ミドル中華タブレットも性能は良いものはありますが、国内正式対応というわけではないのでGPSや通信面ではやはり不安が残ります。

 

価格優先のWifiモデルも用意されているのもいいですね。

グローバル版の3万円台にどこまで迫れるか楽しみです。

 

購入時の注意点

 

先代と名前がとても似ている

 

先代の端末名はLenovo Tab M10  (3rd Gen)

似ていますが、性能が異なります(エントリークラス)。

参考までに、先代の現在の取引価格は3万円前半から。

 

高額商品が出典されている

 

この端末を楽天市場で取り扱っているところもありますが、高額に設定されています。

正規の販売価格ではありませんので、間違って購入しないようご注意ください。

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント