OUKITEL WP22 発表【グローバル版】。大型Loudスピーカーが特徴のタフネススマホ

スポンサーリンク

はじめに

 

WP22(OUKITEL mobileグローバル版公式ページ)

 

OUKITEL社のタフネススマホの紹介です。

端末名はOUKITEL WP22。グローバル版です。

公式では、WP22とともにWP21の上位互換であるWP21 Ultraも発表されています。

 

 

OUKITELのスマホは奇数(ミドルクラス)偶数(エントリークラス)と分けて後継機が続くシリーズ。

先代となるのはWP20(2022年5月発売)。

といっても、今回のWP22とWP20はサイズや性能に共通点はほぼなし。

 

 

どちらかといえば、ミドルクラスのWP21に近い性能。

ミドルクラスを中心に紹介している当ブログでは、先代となるWP21(2022年12月発売)やWP19を取り上げていました(2022年6月発売)。

 

 

 

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

2023年4月発売。

中華ECサイトのブログ作成現在の価格は449.99ドル(日本円にして約6.2万円)。

※プレセール価格は170.99ドル(約2.3万円)と表示されています。

 

おもな性能・機能

 

約6.58インチFHD+(2,408×1,080)IPS液晶ディスプレイ※リフレッシュレートは90Hz

 

 

幅83.5×高さ174×薄さ19(ミリ)・重さ398グラム

 

【CPU】Media Tek Helio P90【GPU】PowerVR GM9446

 

 

メモリ8GB、ストレージ256GB(microSD対応)

 

【カメラ】メイン広角4,800万+ナイトビジョン2,000万+マクロ200万画素(トリプルカメラ)。フロント1,600万画素

 

 

バッテリー10,000mAh・リバースチャージ対応

 

 

nanoSIM(デュアルSIM)

 

 

顔認証対応・Loudスピーカー

 

 

防水防塵(IP68/IP69K)+耐衝撃※イヤホン端子なし

 

 

Android13

 

ブラックのみ

 

端末のポイント

 

 

今回紹介した端末は、ミドルロー~ミドルクラス相当のスマホです。

搭載したCPUのベンチマークスコアは約21.1~23.9万点

以前はエントリークラスという見方もあったのですが最近の端末では、20万点以上のスコアで安定しているCPUです。

 

採用実績としては、ALLDOCUBE X Game、OUKITEL WP26でも継続して採用されていますね。

 

 

特徴としては、なんといってもLoudスピーカーでしょう(最大125dBの出力)。

よくあるスマホだと、背面はカメラレンズやサブディスプレイなどが「主張」しているのですが、この端末は、それがスピーカーです。

公式でも、カメラの紹介画像においても存在感の大きいものとなっています。

 

 

日常生活に利用する場合は持て余してしまいそうですが…

アウトドアで利用することが前提のタフネススマホにとって、この音響面の強化は有難いアップデート。

 

 

冒頭に述べた通り、エントリーレベルの性能「偶数」モデルとしては、高い性能を持った端末になっています。

 

気になる点といえば、1万mAhの大容量バッテリーですが、急速充電に関する表記がないという点。

なお、リバースチャージには対応しているようです。

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報をメインに、役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント