【中華タブレット】マイナーチェンジもCPUはパワーアップ。ALLDOCUBE・iPlay 50 Pro【中国版】

 

スポンサーリンク

はじめに

 

Alldocube中国版公式ページ

 

icube社(酷比魔方=クービーモーファン)からタブレット端末の発表。

ALLDOCUBE iPlay50 Pro

iplay50は10月にブログで取り上げたばかりですが、早くも上位端末の登場です。

 

 

※使用している画像は公式ホームページ(海外版等)より引用しています。

Youtube版

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

iPlay50 Pro(jd.com内公式ショップ)

 

2022年12月発売

ブログ作成現在の価格は799元(日本円で約1.6万円)

 

おもな性能・機能 ※iPlay50との違い

 

約10.4インチ2K(2,000×1,200)IPS液晶ディスプレイ

 

 

【CPU】MediaTek Helio G99【GPU】Mali-G57

 

 

高さ248.0×幅157.8×厚さ8.4(ミリ)、重さ466グラム

 

 

メモリ8GB、ストレージ128GB(microSD対応)

 

 

メイン800万画素+フロント500万画素のシングルカメラ

 

 

デュアルSIM(nanoSIM)

 

6,000mAhバッテリー

 

 

デュアルスピーカー、イヤホン端子あり

 

 

Android12

 

グレー単色展開

 

AliExpress Global

 

端末のポイント

 

 

ALLDOCUBE iPlay50 Proはミドルクラスに位置するタブレット端末です。

搭載されているCPUのベンチマークスコアは約36.5~38.2万点

 

これこそが、先行販売iPlay50との一番の違い。

中華タブレット標準ともいえる、ミドルロークラスからミドルクラスへランクアップ。

性能が単純に上で、販売価格が(当時の販売価格と)ほぼ同じ。

選択肢はあってないようなものですね。

 

先代(iPlay40)は購入してレビュー(Proを選択)しているのですが、無印とProの違いはメモリー・ストレージの差だったため、正直この差別化はうらやましい…

 

 

逆に言えば、それ以外の特徴や大きな変化がなく、マイナーチェンジにとどまっています。

ですが、一番大事なCPU性能がアップしたことでトータルコスパはとても高いタブレット端末となりました。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報をメインに、役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

タブレット
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント