【海外版】ミドルロー~エントリークラスの中華タブレット・Blackview Tab 15 発表

スポンサーリンク

はじめに

 

Blackview Tab 15(Blackview海外版公式ページ)

 

中国のメーカー、Blackviewが新しいタブレット端末を海外向けに発表。

Blackview Tab 15

ブログではBlackview Tab13以来の紹介となります。

 

 

※使用している画像は公式ホームページ(海外版等)より引用しています。

   

発売・価格と性能・機能 ※Tab13との違い

 

Blackview tab 15(AliExpress公式オフィシャルショップ)

 

2022年11月発売予定。

これは、オフィシャルショップで現在発送予定が11月中旬となっているところから判断しています。

 

価格はオフィシャルショップ価格になりますが、269.98ドル(日本円に換算すると約4万円)となっています。

11月1日よりセール(発売前プレセール?)がスタートと告知されています。

 

10.51インチWUXGA(1,920×1,200)IPS液晶ディスプレイ

 

 

UNISOC Tiger T610(CPU)Mali-G52(GPU)

 

 

高さ246.4×幅161.5×厚さ7.3(ミリ)、重さ約525グラム

 

 

メモリ8GB、ストレージ128GB

 

 

メイン1,300万画素(シングルカメラ)+フロント800万画素

 

 

バッテリー8,280mAh(急速充電18W)

 

 

クアッドスピーカー搭載

 

 

nanoSIM(デュアルSIM)

 

 

Android12

 

 

顔認証

 

 

ライトシルバー、トワイライトブルー、スペースグレー(3色展開)

 

端末のポイント(先代との比較)

 

 

Blackview tab 13はミドルロー~エントリークラスのタブレットです。

これはAntutuベンチマークスコアは約16.3~19.2万点という、20万点に満たないスコアから判断しています。

(公式ページのスコア表記は22.3万点ですが…)

 

現在のスマホ基準でいくと、エントリークラスといっても差し支えありません。

 

実は、CPUの性能こそが、Blackview Tab 15の評価しずらい点ではあります。

 

 

先々代・Blackview Tab 11で搭載されていたのがミドル中華タブレットで数多く採用されることの多い、UNISOC T618(約20.8万点)

そして、先代であるTab 13で採用されたのはMedia Tek Helio G85(約19.2~20.1万点)

 

 

 

そう、少しずつCPUの性能が下がっているのです。

実際、T610はT618の低クロックモデル(性能を下げたver.)

と言われています。

 

ただ、全体にグレードを下げた低価格タブレットというわけではありません。

メモリ増量、がデュアルスピーカーからクアッドスピーカーに。

バッテリー容量+1,000mAhアップなど、進化した部分は確かに存在します。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

タブレット
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント