ALLDOCUBEの廉価版タブレットSは1万円台前半。ALLDOCUBE iPlay 50S発表【グローバル版】

 

スポンサーリンク

はじめに

 

Alldocube中国版公式ページ

 

icube社(酷比魔方=クービーモーファン)のタブレット端末の紹介です。

ALLDOCUBE iPlay50S

ALLDOCUBEブランドのタブレット端末は2022年10月・12月と短い間隔でブログでも取り上げており、早いペースでリリースされていますね。

 

 

 

※使用している画像は公式ホームページ(海外版等)より引用しています。

Youtube版

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

iPlay50S(AliExpress内公式ショップ)

 

ブログ作成現在公式サイトはまだ公開していません。

先行してAliExpress内公式ショップがオープンしています。

情報によると、発売日は2022年1月。

ブログ作成現在の国内の発送予定は2023年2月1日となっています。

 

価格は101.24ドル(日本円で約1.3万円)ですがクーポンコードなどを使用すると、最安は89.24ドル(約1.2万円)

 

おもな性能・機能

 

約10.1インチWXGA(1,280×800)IPS液晶ディスプレイ

 

 

【CPU】UNISOC T606【GPU】Mali-G57

 

 

高さ241.6×幅160.4×厚さ9.6(ミリ)、重さ475グラム

 

 

メモリ4GB、ストレージ64GB(microSD対応)

 

 

メイン500万画素+フロント200万画素のシングルカメラ

 

 

デュアルSIM(nanoSIM)

 

6,000mAhバッテリー

 

デュアルスピーカー、イヤホン端子あり

 

 

Android12

 

グレー単色展開

 

AliExpress Global

 

端末のポイント

 

 

UNISOC T606を搭載したこの端末はエントリークラス相当のタブレット端末です。

CPUのベンチマークスコアは約15.5~15.7万点

端末全体をみても特に目立った特徴をもっているわけではないため、エントリー然とした端末となっています。

 

さしずめ、他のタブレット端末を発売しているメーカーの「Air(シリーズのなかでは性能を抑えた端末)」的な意味の「S」というネーミングのようです。

 

性能を抑えたとはいえ、グローバル版1万円前半という価格設定は少なくとも国内産にはできないこと。

「攻めた」価格設定で売りに来ているという印象が強くなっています。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報をメインに、役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

タブレット
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント