これで十分?ミドルクラス級。TECLAST M40Pro【中華製タブレット】【コスパ優秀】

 

スポンサーリンク

はじめに

 

先日、タブレットのエントリーモデル、Fire HD10を取り上げました。

エントリーモデルとはいえ、電子書籍や動画を視聴するには十分なものでした。

 

 

今回紹介するのは同じくAmazonタブレットランキング上位にランクインしている、TECLAST M40Pro

こちらは安価ながらミドルクラスのスマホと同等の性能を持ち、これで十分では?と思える端末だったため今回取り上げることにしました。

 

※ブログで使用している画像は公式ページ(海外版等)より引用しています。

Youtube版

 

M40 Proのおもな性能・機能

 

TECLAST M40 Pro(TECLASTホームページ)※海外版

 

TECLAST M40 Proは2020年に発売された、M40のバージョンアップ版となります。

2021年8月発売。

中国のメーカー、TECLASTが販売する中華製タブレットです。

 

発売された当初は海外サイトほか国内ではAmazonでの販売にとどまっていましたが、現在は楽天市場などでも購入することができます。

Amazon価格では現在29,800円

 

 

 

約10.1インチFHD液晶ディスプレイ(1920×1200)

 

 

UNISOC T618(2.0Ghz)

 

 

メモリ6GB/ストレージ128GB

 

幅163×高さ242×薄さ9(mm)重さ555g

※重さ表示については情報により前後しているため非表示にしています(500g未満との情報あり)

 

メイン800万画素、フロント500万画素

 

 

4ステレオスピーカー

 

 

バッテリー7,000mAh

 

充電ポートはUSB-TypeC

 

nanoSIM(デュアルSIM)

 

排他的デュアルSIM

 

Android11

 

 

GPS内蔵

 

 

カラーはグレーの1色展開。

端末のポイント

 

 

TECLAST M40 Proは、コストパフォーマンスに優れたミドルクラス相当のタブレットです。

CPUはUNISOC T618を搭載。

ベンチマークスコアは20万点を少し超える程度のため、現在の【スマホの基準では】エントリークラスといってもいい数値…

ただ、全体的にエントリーレベルのCPUが搭載されることの多い【タブレットにおいては】ミドルクラスとして表記しており、現段階では各情報サイトでもミドルクラス表示をしているようす。

メモリー・ストレージ容量は問題なし。

 

デュアルSIMスロット搭載。

2枚のSIMを挿す場合、MicroUSBスロット部分を利用する、いわゆる「排他的デュアルSIM」スロットとなっています。

タブレットには意外と?搭載されていない、GPS機能にもしっかり対応していて、大画面でのナビゲーションが可能となっています。

 

カメラ画素数が必要最低限のもの。

使い方としては、オールラウンド型ではなくタブレットの視聴能力に重きを置いた端末といえます。

 

10/6現在のタブレットランキング。上位のiPadは5万円を超える価格

 

今後発売が予定される、Xiaomiのミドルクラスタブレット、Xiaomi Pad5は先行販売されているiPadの価格・機能に合わせていると言われています。

そのことから考えると、価格面ではこちらの端末に軍配が。

 

ただし…

 

価格よりも高性能・国内仕様を望むのであれば、やはり国内で正式に発表している端末を選択するのが良いかと思います。

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント