【Xiaomi】Redmi ・Note 12 Pro【Note12 5Gとの違い】【中国版】

スポンサーリンク

はじめに

 

Redmi Note 12 Pro (Xiaomi中国版公式ページ)

 

XiaomiのRedmiブランド、Noteシリーズ最新端末が発売されました。

今回紹介する端末名はRedmi Note 12 Pro

中国版です。

今回の発表でProなど複数の端末が同時発表されています。

今回は同時発表されブログで紹介した、12 5Gとの比較を合わせて紹介します。

 

 

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

 

  

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

Redmi Note 12 Pro (Xiaomi中国版公式ページ)

 

2022年10月に中国国内で発売されました。

価格は12 5G同様、メモリ・ストレージ容量の違いで4バージョンあります。

もっとも安い値段は6GB+128GBバージョンで、10/30現在の価格は1,699元(日本円に換算して約3.5万円)

 

もっとも容量の多い8GB+256GBバージョンは2,199元(約4.5万円)

 

おもな性能・機能 ※Note 12 5Gとの違い

 

約6.67インチ FHD+(2,400×1,080)有機ELディスプレイ

 

 

幅76×高さ162.9×薄さ7.9(ミリ)。重さ187グラム

 

 

MediaTek Dimensity 1080(CPU)Mali-G68(GPU)

 

 

メモリ6・8・12GB+ストレージ128・256GB(microSDスロットあり)

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

メイン広角5,000万(ソニー製IMX766)+超広角800万+深度200万画素(トリプルカメラ)フロント1,600万画素

 

 

バッテリー5,000mAh(急速充電67W対応)

 

 

MIUI13(Android12相当)

 

 

側面指紋認証+顔認証

 

ステレオスピーカー、ハイレゾ対応、イヤホン端子あり(防水防塵対応記載なし=非対応?)

 

ホワイト、ブラック、ライトブルー+ギャラクシーの4色展開

 

 

端末のポイント(Note12 5Gとの違い)

 

 

Redmi  Note 12 5Gミドルハイクラス相当のスマホです。

MediaTek社の新CPUを搭載、そのAntutuスコアは約51.4~51.8万点とされています。

これはミドルクラスとしては最上位レベル。

同じミドルハイクラス、Xiaomi・Mi11 Lite 5Gに搭載されている、Snapdragon 780G(約51.1万点)を上回るスコア。

 

 

 

Note12 5Gも性能の高いCPUを搭載(約38.8万点)していますが、さらに10万点以上のスコア差を付けています。

 

 

さらに差が明確なのが、カメラ性能

メインカメラ(広角)はソニー製IMX766を採用。

シンプルなデュアルカメラだったNote12 5Gに対し、トリプル構成となっています。

 

 

ほかにはサウンド強化専用カラーの追加など…

単なるメモリー・ストレージ容量アップにとどまらない、Proの名に相応しい機能追加をしている端末になっています。

 

 

NURO 光

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

コメント