11/4発売・コンパクト+ハイスペックスマホ。国内版ASUS・Zenfone 9。

スポンサーリンク

はじめに

 

Zenfone9(ASUS国内版公式ページ)

 

ASUS(エイスース)の看板ブランド、Zenfone最新端末が国内発売。

Zenfone9

 

※使用している画像は国内式ページ等より引用しています。

Youtube版

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

Zenfone9(ASUS国内版公式ページ)

 

2022年11月4日発売。

価格は海外版同様全3バージョンあり。

最安はメモリ・ストレージ8GB+128GBで99,800円

 

おもな性能・機能 ※海外版との違い

 

約5.9インチFHD+(2,400×1,080)+AMOLED(有機EL)ディスプレイ

 

 

幅68.1×高さ146.5×厚さ9.1(ミリ)、重さ169g

 

 

Snapdragon 8+ Gen1(CPU)Adreno 730

 

 

メモリ8GB+ストレージ128GB、以下8GB+256GB、16GB+256GBの全3バージョン

 

 

メイン広角5,000万+超広角1,200万のデュアルカメラ+フロント1,200万画素

 

 

ステレオスピーカー(ハイレゾ対応)、イヤホン端子あり

 

 

バッテリー4,300mAh(急速充電30W対応)

 

 

防水防塵対応(IP65/IP68)

 

 

側面指紋認証、顔認証

 

 

nanoSIM(デュアルSIM)

 

Android12(ZenUI)

 

おサイフケータイ対応

 

 

スターリーブルー、ムーンライトホワイト、サンセットレッド、ミッドナイトブラックの全4色

 

 

端末のポイント

 

 

Zenfone9はCPUに最新のSnapdragon8+Gen1を搭載した、ハイスペックスマホです。

Antutuスコアは約110万点といわれています。

CPU性能としては文句なし。

 

 

6インチ未満のコンパクトサイズで、コンセプトは先代8を引き継いでいます。

海外版Zenfone9との違いは国内仕様(おサイフケータイ対応)のみ。

ひとつに絞られがちな、メモリー・ストレージ容量のバージョンも同じく3つから選べます(公式ショップでは8GB+128GBバージョンのみ取り扱い)。

 

 

ハイスペックスマホだけに、価格は海外版では最安でも日本円で約11万円でした。

ですが、国内版は10万円を切る価格設定

この端末にかける本気度が見えてくるような気がします。

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント