ミドルハイ+フル装備のタフネススマホ。Ulefone Power Armor 18T【海外版】

スポンサーリンク

はじめに

 

Power Armor 18T(Ulefone海外版公式ページ)

 

タフネススマホを中心としたラインナップのメーカー、Ulefone(ウレフォン)。

新端末が発表されました。

Power Armor 18T

当ブログでは昨年7月にこのシリーズの端末取り上げたことがあります。

 

 

※ブログで使用している画像は公式ページ(海外版)より引用しています。

Youtube版

 

発売日・価格とおもな機能・性能

 

発売日・価格

 

Power Armor 18T(Ulefone・AliExpress内公式ショップ)

 

2022年11月発売。

これは、日本国内の発送予定が11月下旬になっているところから判断しています。

 

AliExpress内公式ショップの、11/8現在の販売価格は499.99ドル

日本円に換算すると約7.3万円

海外版としてもハイスペック相当の価格設定ですが、それでは気になる性能・機能を見ていきましょう。

 

おもな性能・機能

 

6.58インチFHD+(2,408×1,080)IPS液晶ディスプレイ

 

 

幅83.4×高さ175.2×薄さ18.8(ミリ)重さ409グラム

 

 

MediaTek Dimensity 900(CPU)Mali-G68(GPU)

 

 

メモリ12GB/ストレージ256GB

 

 

メイン広角1億800万画素+超広角500万画素+マクロ500万画素(トリプルカメラ)+フロント3,200万画素

 

 

バッテリー9,600mAh(急速充電対応66W+ワイヤレス充電+リバースチャージ対応

 

 

側面指紋認証、 顔認証

 

防水防塵+耐衝撃(IP68/IP69K)

 

 

Android12

 

デュアルSIM(nanoSIM)

 

ブラック単色展開

 

 

端末のポイント

 

Power Armor 18T(Ulefone海外版公式ページ)

 

Ulefone Power Armor 18Tは、ミドルハイクラス相当のタフネススマホです。

この評価は採用しているCPUのAntutuスコアが約48万点から。

 

このCPUを採用しているのはOPPOの K9x・Reno 7 SE、Honor X 30 MAXなど、海外版スマホが中心となっています。

 

 

ちなみに、先代(Power Armor 17)のCPU(Helio G99)のスコアが約37.8万点、ブログで取り上げたPower Armor 13(Helio G95)は約29.5万点でした。

代を進むごとに少しずつCPUのスコアが上がり、遂に当端末で50万点間近まで迫る性能となりました。

 

 

価格設定は海外版としては高めと感じたのですが…

中身はミドルハイのCPUを搭載。

有機ELではないものの、120Hzのリフレッシュレート性能のディスプレイ。

 

 

1億画素を超えるメインカメラ。

あらゆる環境に対応(防水防塵+耐衝撃最高級)と、納得の設定といえるのではないでしょうか。

 

大容量バッテリーは急速充電対応だけでなく、ワイヤレス充電+リバースチャージとフル対応

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント