フラッシュライト付きタフネススマホ・Unihertz Tank【グローバル版】

スポンサーリンク

はじめに

 

Unihertz TANK(AliExpress内公式ショップ)

 

中国のメーカー、Unihertz社

国内ではFelica搭載の小さなスマホ、Jelly2などで有名なメーカーです。

 

 

タフネススマホでも知名度のあるUnihertz(ユニハーツ)が、新端末を発表。

Unihertz TANK。その外装から付いたようなネーミング。

グローバル版です。

 

※使用している画像はAliExpress内公式ショップ等より引用しています。

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

Unihertz TANK(AliExpress内公式ショップ)

 

2022年11月発売。

11/27現在、国内への発送予定は12月中旬になっています。

現在の価格は299.99ドル(日本円で約4.3万円)、プレセール価格です。

 

おもな性能・機能

 

約6.8インチFHD+(2,340×1,080)ディスプレイ(Panda MN228 Glass)

 

 

幅85.3×高さ175.6・薄さ23.9(ミリ)。重さ560グラム

 

MediaTek Helio G99(MT6789)2.2GHz

 

 

メモリ8GB、ストレージ256GB

 

 

メイン広角1億800万+ナイトビジョン2,000万+マクロ200万画素(トリプルカメラ)+フロント3,200万画素

 

 

バッテリー22,000mAh(66W急速充電対応)

 

 

nanoSIM(デュアルSIM)

 

防水防塵(IP68+IP69K)・耐衝撃

 

 

Android12

 

側面指紋認証+顔認証

 

 

ブラック単色展開

 

 

NUROMOBILE

端末のポイント

 

 

Unihertz TANKはミドルクラスに相当するタブレット端末です。

Antutuベンチマークスコアの評価は約36.5~38.2万点

 

そのネーミング通り?ずっしりとした外観と、500グラム超えの重量タフネススマホです。

2万mAh超えのバッテリーとなれば当然ですが…

 

 

サブディスプレイに見える、その画面はフラッシュライト。

通常であれば、カメラレンズのなかでもっとも小さいレンズがライトを点灯・消灯を行いますが…

このスマホは逆台形のような、まるまる懐中電灯の代わりといった代物。

明るさ調整も可能で、その大きさを生かした遭難時のSOS信号代わりも。

 

 

もちろん、その大容量バッテリーを生かした他のスマホやBluetoothイヤホン等への給電も可能。モバイルバッテリー要らず。

欠点としてはやはりその重さと、画面の質の低さ

有機ELでもなければ、IPS液晶でもないため、消費バッテリーのスピードが速い可能性も(ディスプレイの質は、そのまま省電力に直結するため)。

 

 

ガラスの質自体は、情報によるとよくその名前を見かける【Gorilla Glass】が軽さ重視。

Panda Glassは硬さを重視しているガラスとのこと。

重量があるぶん、より丈夫な材質はタフネススマホ向きというわけです。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報をメインに、役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント