POCOブランド国内初参入?ハイスペック・ゲーミングスマホ。POCO F4 GT海外版発売

 

スポンサーリンク

はじめに

 

POCO海外版公式ページ

 

Xiaomiブランド・POCOの新端末が登場。

POCO F4 GT

 

海外専用ブランドという印象のあるPOCO。

これまで、国内での公式発売はありませんでした。

 

ただこの端末、技適マークが存在することから国内初参入端末なのでは?と言われているため取り上げました。

 

ブログで使用している画像は海外版公式ページより引用しています。

Youtube版

おもな性能・機能

 

POCO F4 GT(POCO海外版公式ページ)

 

2022年5月発売予定とのことですが、オフィシャルショップの(日本への)発送予定は5月下旬。

当ブログではミドルクラス中心の紹介をしていますが、こちらは高性能・高機能を集めたスマホとなっています。

 

6.67インチFHD+(2,400×1,080)有機ELディスプレイ

 

 

幅76.7×高さ162.5×厚さ8.5(mm)。重さ210g

 

 

Snapdragon8 Gen1(CPU)Adreno 730(GPU)

 

読み方はスナップドラゴンエイト・ジェンワン。Gen1はgeneration one(第一世代)の略

 

メモリ8GB・または12GB/ストレージ128GB・または256GB

 

メイン広角6,400万+超広角800万+マクロ200万画素(トリプルカメラ)。フロント2,000万画素

 

 

バッテリー4,700mAh

 

 

120W急速充電対応

 

 

デュアルSIM(nanoSIM)

 

側面指紋認証+顔認証

 

MIUI13(Android12相当)

 

 

クワッドスピーカー

 

 

Knight Silver、Stealth Black、Cyber Yellowの3色展開

 

 

端末のポイント

 

 

POCO F4 GTはハイスペック端末です。

搭載されているCPUは現時点では最高レベルのものであり、情報によればスコアは100万点を超えるといわれています。

 

 

ゲーミングスマホといっても差し支えない性能。

実際、ゲームプレイに合わせて物理的なボタン配置がされている様子。

防水防塵機能・イヤホン端子はありません。

 

POCO F4 GT(AliExpressオフィシャルショップ)

 

当然、ハイスペック端末は高性能に見合った価格となるのですが…

ブログ作成当時のオフィシャルショップ・AliExpressでの価格は、約6.6万円~

※スクリーンショットは数日前に撮ったもの(約8万円)ですが、もうすでに価格が変わっています。

 

5/8時点のスクリーンショット。日々価格が更新している印象。画面には最終更新とも

 

10万円を超える端末が多いなか、お得感はあります。

海外で発表されたスマホは国内発売時、複数存在する容量パターンをひとつに絞る傾向があります。

国内参入時の価格とともに、メモリー・ストレージ容量も気になるところ。

 

購入・申し込み検討の参考になれば幸いです。

今回は以上です。

ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

動画やブログ作成の励みになります。

役に立ったと思ったらブックマーク・YouTubeチャンネル登録およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

 

 

コメント