Reno9シリーズ最上位端末。OPPO Reno 9 Pro+(中国版)

スポンサーリンク

はじめに

 

OPPO Reno 9 Pro+(OPPO中国版公式ページ)

 

OPPO Renoシリーズ最新端末の紹介です。

今回紹介するのはOPPO Reno 9 Pro+

Reno9シリーズ最上位となる端末です。

 

 

※使用している画像は中国版公式ページ等より引用しています。

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

OPPO Reno 9 Pro+(OPPO中国版公式ショップ)

 

発売日はシリーズ共通で2022年12月2日

9 Pro+はストレージ容量の違いにより、2バージョン存在します。

最安値が16GB+256GBで3,999元(日本円で約7.8万円)から(プレセール価格は3,939元)。

 

おもな性能・機能

 

約6.7インチFHD+(2,412×1,080)有機ELディスプレイ(リフレッシュレート120Hz)

 

画面サイズは9シリーズ共通

 

幅161.5×高さ73.6・薄さ7.99(ミリ)。重さ192グラム

 

9、9 Proよりも20グラムほど重い

 

【CPU】Snapdragon 8+Gen1【GPU】Adreno 730

 

 

メモリー16GB+ストレージ256GB・512GB

 

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

メイン広角5,000万+超広角800万+マクロ200万画素(トリプルカメラ)+フロント3,200万画素

 

 

バッテリー4,700mAh(急速充電80W)

 

 

ColorOS 13(Android13)

 

 

画面内指紋認証・顔認証

 

皓月黑(ブラック)、碧海青(ブルー)、明日金(ゴールド)の3色展開

 

 

端末のポイント(Reno9・9Proとの違い)

 

 

OPPO Reno 9ハイエンドクラススマホです。

Snapdragon 8+ Gen1は現在スマートフォン実装されているCPUのなかでは最上位のCPU(スコアは約109~110万点)。

 

この点だけにおいても、この端末がほかに抜きに出て性能の高いスマートフォンということがわかりますね。

 

 

逆に、性能の高いスマホはその価格がネックとなります。

実際、Reno9シリーズのなかでは一番高価であり、約3万円の開きがあります。

それでも最高級のCPUを搭載しながら約8万円という価格設定はかなりのもの。

 

 

メモリー・ストレージ容量アップ以外の違いとしては、カメラがトリプル構成になっていること、急速充電が67Wから80Wにアップしている点が目立ちます。

カラーバリエーションにも若干の違いが。

画面構成は同じです。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント