Unihertz(8849)TANK2グローバル版。アウトドア機能をさらに充実させたミドル・タフネススマホ

スポンサーリンク

はじめに

 

Unihertzグローバル版公式ページ

 

中国のメーカー、Unihertz(ユニハーツ)

国内ではFelica搭載の小さなスマホ、Jelly2などで有名なメーカーです。

 

 

タフネススマホでも知名度のあるUnihertz(ユニハーツ)・または8849(8849tech)が、新端末を発表。

※名前は異なりますが、それぞれ公式ページがあります

 

今回の端末名はUnihertz TANK2(グローバル版)

初代はブログでも取り上げたことがあります。

 

 

※使用している画像はグローバル版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

2023年6月発売。

中華ECサイトのブログ作成現在の価格は339.99ドル(日本円で約4.8万円)。

 

おもな性能・機能

※先代との違い

 

【画面サイズ】約6.81インチFHD+(2,340×1,080・画面比率19.5:9)ディスプレイ(Panda MN228 Glass)・リフレッシュレート最大90Hz

 

 

【本体サイズ】85.9×高さ179.3×薄さ23.5-0.4(ミリ)。重さ530-30)グラム

 

【CPU】MediaTek Helio G99【GPU】Mali-G52

 

【メモリーストレージ】12GB+256GB(microSD対応)

 

 

【カメラ】メイン1億800万+ナイトビジョン6,400万+広角1,600万画素(トリプル構成)+フロント3,200万画素

 

 

【バッテリー】15,500mAh-6500(66W急速充電対応)

 

 

側面指紋認証+顔認証・nanoSIM(デュアルSIM)・レーザープロジェクター機能

 

 

防水防塵(IP68+IP69K)+耐衝撃

 

 

Android13

 

【WiFi】802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz【Bluetooth】v5.1【4G】

 

ブラック単色展開

 

NUROMOBILE

端末のポイント

 

CPUは引き継ぎ

 

 

今回紹介した端末はミドルクラスに相当するタフネススマホです。

CPUのベンチマークスコアの評価は約36.5~38.2万点

先代と同じCPUを採用しています。

 

先代との比較

 

 

特徴はやはりタフネススマホとして、アウトドアで使える機能を充実させているところ。

大型のフラッシュライトを先代から受け継ぎ、プロジェクター機能を新たに採用。

カメラ画素数が全体的にアップし、よりクリアなアウトドア撮影が可能に。

 

 

2万mAhオーバーだったバッテリー容量は5,000mAhほどスリムアップ

その分軽くなっています。

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報をメインに、役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント