1万円台のミドルロータブレット・Teclast M40S【中華タブレット】【中国版】

 

スポンサーリンク

はじめに

 

M40S(Tecklast中国版公式ページ)

 

Tecklast社(台電=タイディエン)のタブレット端末の紹介。

前回はM40 Airでしたが、今回はM40S

こちらも性能的には廉価版的立ち位置にあるタブレット端末になります。

 

 

※ブログで使用している画像は公式ページ(中国版等)より引用しています。

Youtube版

 

 

M40Sのおもな性能・機能

 

 

2022年6月発売。

価格は情報によると799元(日本円に換算すると約1.6万円)

ブログ作成段階ではまだ販売はされていないようでした(M40 Airも同様)。

 

約10.1インチWUXGA(1,920×1,200)IPS液晶ディスプレイ

 

 

(CPU)UNISOC Tiger T610(GPU)Mali-G52

 

 

メモリ4GB/ストレージ128GB(microSDスロットあり)

 

 

高さ243.0×幅163.0×薄さ9.3(mm)、重さ520g

 

 

(カメラ)メイン500万画素、フロント200万画素

 

 

バッテリー6,000mAh

 

 

Android11、デュアルSIM(nanoSIM)

 

 

イヤホン端子あり

 

 

ブラック(単色展開)

 

 

端末のポイント

 

M40S(Tecklast中国版公式ページ)

 

Tecklast M40Sは、ミドルロークラスのタブレットです。

搭載されているCPUのベンチマークスコアは約16.3~18.8万点。

多少のスコア差はありますがHelio P90(ALLDOCUBE iNoteに搭載)、Helio P60(M40 Airなどに搭載)と似た性能を持つCPUと言えるでしょう。

 

 

一時期ミドル中華タブレットとして紹介した端末はTiger T618

20万点を超えるスコアでしたので、多少の見劣りはするでしょう。

 

ただ価格もひとランク下がるため、安価にタブレットを利用したいのであればミドルロークラスという選択肢はありだと思います。

 

 

 

カメラ画素数はM40 Airと比較しても低め(フロントカメラ500万画素→200万画素)

防水防塵機能なし、イヤホン端子はあります。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント