OPPO Find N3【中国版】&OnePlus Open【グローバル版】は20万円超え。15万円横型折り畳みスマホとの違いは?

スポンサーリンク

はじめに

 

OPPO Find N3(OPPO中国版公式ページ)

 

OPPOの横型折り畳みスマホの紹介です。

OPPO Find N3(中国版)。

ブログではこれまで、価格面から紹介を見送っていました。

 

ですが先日、価格設定が魅力的な横型折り畳みスマホを取り扱ったことで比較対象として取り上げることに。

なお、グローバル版でOPPO系列のOneplus Openはほぼ同じ性能・機能となっています。

 

 

※使用している画像はOPPO中国版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

OPPO Find N3(OPPO中国版公式ショップ)

 

2023年10月発売。

価格は通常版特別版(典蔵版=コレクターズエディション)で2種類あります。

参考までに、それぞれ12GB+512GB9,999元(日本円で約21万円)16GB+1TB12,999元(同約27万円)

 

ちなみに、先日紹介した同じ横型折り畳みスマホ・HONOR Magic Vs2は最安で約14万円。

同じ中国版ながら約6万円ほどプラスされた価格設定ということになります。

今回は先代との違いとともに、HONOR Magic V22とも比較し、【この価格差がどこにあるのか?】にも注目しています。

 

 

おもな性能・機能

※Find N2との違い(性能サイズ↑性能サイズ↓

 

【画面サイズ】【開いた状態】7.8(+0.7)インチ2,440×2,268)有機ELディスプレイ(画面比率9.79【閉じた状態】6.3(+0.8)インチ(2,484×1,116)有機ELディスプレイ(画面比率20:9)・リフレッシュレート120Hz

 

 

 

【本体サイズ】【開いた状態】153.4(+21.2)×高さ143.1(+2.6)×薄さ5.9(-1.5)ミリ【閉じた状態】153.4(+21.2)×高さ73.3(+0.7)×薄さ11.7(-2.9)ミリ。重さ245(特別版はレザー仕様で239)(+6~+12※)グラムN2は色により重さが異なるため

 

 

【CPU】Snapdragon 8 Gen2(3.2GHz)【GPU】Adreno 740

 

 

【メモリストレージ】12GB+512GB(通常版)・16GB+1TB(特別版)

 

【カメラ】メイン4,800(-200)万+超広角4,800万画素+望遠6,400(+3,200)万(トリプル構成)+フロント【開いた状態】2,000万画素【閉じた状態】3,200万画素

 

【バッテリー】4,805(+285)mAh(67W急速充電対応)

 

 

【OS】ColorOS 13.2(Android13)

 

【その他機能】デュアルSIM(nanoSIM)・側面指紋認証+顔認証・ステレオスピーカー(Dolby Atmos)・OPPO Pen対応表記なし

 

【カラーバリエーション】ブラック・グリーン(通常版)・シルバー(通常版)・レッド(レザー専用色)計4色展開)

 

 

 

 

 

IIJmio(みおふぉん)

端末のポイント

 

先代との違い

 

 

OPPO Find N3はハイエンドクラスのスマホです。

CPUは同じSnapdragonの8+Gen1から8 Gen2になり、CPUスコアが約110万点から119~160万点という数値に(数値に幅があるのは端末により波があるため)。

 

先代と比べると、全体的にサイズアップしています。

画面が大きくなりつつ、重量は少し重くなったものの薄く。

ストレージサイズが大きくなり、カメラは望遠レンズが2倍の画素数になっています。

 

6万円の差。同じ横型・HONOR Magic Vs2との違い

 

Magic Vs2(HONOR中国版公式ページ)

 

同じ横型折り畳みスマホですが、違いはどこにあるのでしょうか?

数値上の違いを調べてみました。

あえて取り上げるとするなら、違いは以下の部分でしょうか(Magic Vs2→Find N3)。

 

【CPU】Snapdragon 8+ Gen1→Snapdragon 8 Gen2

 

【望遠カメラ】2,000万画素6,400万画素 ※同じトリプル構成

 

【重さ】229グラム239~245グラム

 

といったところ。

望遠カメラ性能に大きく差があるものの、(逆に言えば)ほかの部分に関しては差はわずか

外観は同じ有機ELディスプレイでリフレッシュレート120Hz。

 

画面サイズも大きな違いはなし

 

バッテリー容量も急速充電性能もほぼ同じ。

約6万円という価格差は数値上では感じなかったというのが分かりました。

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント