OPPO Find N3 Flip 発表(中国版)。CPUとカメラ性能が進化したハイエンド縦型折り畳みスマホ

スポンサーリンク

はじめに

 

OPPO Find N3 Flip(OPPO中国版公式ページ)

 

OPPOの縦型折り畳みスマホ第二弾の登場です。

OPPO Find N3 Flip。(3ですが2代目です)

 

 

※使用している画像はOPPO中国版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

2023年9月発売。

価格はストレージ容量の違いで2種類あります。

公式価格はそれぞれ12GB+256GB6,799元(日本円で約13.7万円)12GB+512GB7,599元(同15.3万円)

 

おもな性能・機能

※Find N2 Flipとの違い(性能サイズ↓性能サイズ↑

 

【メイン】約6.8インチ FHD+(2,520×1,080)有機ELディスプレイ【カバー】約3.26インチ有機ELディスプレイ(720×382)リフレッシュレート120Hz

 

 

 

【開いた状態】75.8(+0.6)×高さ166.4(+0.2)×薄さ約7.4ミリ・重さ198(+7)グラム【閉じた場合】幅85.5×高さ75.8(+0.6)×薄さ16.4(+0.4)ミリ

 

 

【CPU】MediaTek Dimensity 9200(3GHz)【GPU】Mali-G715

 

 

【メモリストレージ】12GB+256GB・12GB+512GB

 

【カメラ】メイン広角5,000万+超広角4,800万(+4,000)画素+望遠3,200万トリプル構成)+フロント3,200万画素

 

 

【バッテリー】4,300mAh(44W急速充電対応)

 

【OS】ColorOS 13(Android13)

 

【その他機能】デュアルSIM(nanoSIM)・側面指紋認証+顔認証

 

防水防塵非対応・イヤホン端子なし

 

ゴールド・ブラック・ピンク(3色展開)

 

 

 

 

IIJmio(みおふぉん)

端末のポイント

 

CPU性能

 

 

折り畳みスマホ自体が、そもそも現代の最先端技術を駆使した端末。

当然ハイエンドクラスのスマホです。

 

さらに、今回採用されたCPUのベンチマークスコアは約124.3~127.5万点

まだ採用端末が少なく、9200+が現時点で発表されているなかでは最高のベンチマークスコアを記録しているCPU。

いずれにしても最高クラスという点では変わりません。

 

先代との違いは

 

 

同社の折り畳みスマホ第二弾となる端末は、ふたつの変化を見ることができます。

ひとつは先ほど紹介した、バージョンアップしたCPU

先代もハイエンドですが、スコアが20万点ほどアップしています。

 

 

もうひとつの違いと特徴は、カメラ

他の縦型折り畳みスマホの進化とは異なり、カメラ構成を変えてきたのが特徴といえるでしょう。

 

デュアルタイプを採用していることが多い(先代含め)縦型折り畳みスマホ。

N3 Flipは望遠カメラを採用したトリプル構成

 

 

様々な角度でヒンジを止めることができるため、ハンズフリー撮影にこれ以上なく便利な縦型折り畳みスマホ。

カメラ性能や画素数にこだわるのは自然な流れとも言えます。

デザイン的には飛び出したレンズは好みが分かれるところ(カメラが傷付きやすい)。

 

それ以外の性能・機能に関しては純粋に先代のコンセプトを引き継いだ端末になっています。

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント