【海外版】ミドル・日常使いを意識したタフネススマホUlefone Armor 17 Pro。同時期発表された18Tとの違いは

スポンサーリンク

はじめに

 

Power Armor 17 Pro(Ulefone海外版公式ページ)

 

タフネススマホを中心としたラインナップのメーカー、Ulefone(ウレフォン)。

先日紹介したばかりのPower Armor 18Tに続き、先代の上位互換端末も発表されています。

Ulefone Armor 17 Pro

 

 

端末名の通り、ふたつは同じシリーズというわけではありませんが…

それぞれの端末の違いを合わせて紹介します。

 

※ブログで使用している画像は公式ページ(海外版)より引用しています。

 

発売日・価格とおもな機能・性能

 

発売日・価格

 

Power Armor 17 Pro(Ulefone・AliExpress内公式ショップ)

 

2022年11月発売。

これは、日本国内の発送予定が11/10現在、12月上旬になっているところから。

 

AliExpress内公式ショップの、11/8現在の販売価格は249.99ドル

日本円に換算すると約3.7万円で販売。

 

おもな性能・機能 ※18Tとの違い

 

6.58インチFHD+(2,408×1,080)IPS液晶ディスプレイ

 

 

幅80.4×高さ172.7×薄さ12.5(ミリ)重さ290グラム

 

 

MediaTek Dimensity G99(CPU)Mali-G52(GPU)

 

 

メモリ8GB/ストレージ256GB

 

 

メイン広角1億800万画素+超広角800万画素+ナイトビジョン800万画素(トリプルカメラ)+フロント1,600万画素

 

 

バッテリー5,380mAh(急速充電対応66W+ワイヤレス充電+リバースチャージ対応)

 

 

側面指紋認証、 顔認証

 

 

防水防塵+耐衝撃(IP68/IP69K)

 

 

Android12

 

 

デュアルSIM(nanoSIM)

 

ブラック単色展開

 

 

端末のポイント

 

Power Armor 17 Pro(Ulefone海外版公式ページ)

 

Ulefone Power Armor 18Tは、ミドルクラス相当のタフネススマホです。

この評価は採用しているCPUのAntutuスコアが約36.5~38.2万点から。

ミドルクラスとしては中間的立ち位置になります。

 

このCPUを採用している端末としてはPOCO M5のほか、Redmi PadXiaoxin Pad Plus 2023など、最近紹介したタブレットでの機会もあります。

 

 

 

18Tとの数値上の大きな違いは重量

18Tはフル装備のタフネススマホで9,000mAhを超えるそのバッテリーもあって、その重さは400グラムを超えます。

いっぽう、17 Proはミドルクラススマホにタフネス性能を付与したようなタイプ。

 

 

200グラム台の一般的なスマホより重い程度。

1億画素を超えるメインカメラ、防水防塵+耐衝撃のフル対応。

17 Pro独自の性能として特徴的なのはナイトビジョンカメラが搭載されている点でしょう。

 

 

性能的には共通点が多い17 Proと18Tですが、CPU性能が高くハードな環境にも耐えられる、オールラウンドのスマホ18Tと日常使い向けの17 Pro。

その方向性は違う2機種です。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント