シャープ・AQUOS zero 6国内版。軽すぎるミドルクラス146グラム【SHARP】

スポンサーリンク

はじめに

 

AQUOS zero6(SHARPホームページ)

 

SHARP(シャープ)から新端末、AQUOS zero6が登場。

キャリア各社のほか、楽天モバイルからも発売されます。

今回は楽天モバイル版の紹介です。

(基本的な機能は各キャリア共通です)

 

※使用している画像は公式ホームページより引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

Youtube版

 

発売日とおもな性能・機能

 

発売日と現在も大きく値下がりしない価格

 

2021年10月14日発売。

楽天モバイル版の発売当初の公式価格は69,800円

楽天ポイントが最大20,000ポイントのため、実質価格は49,800円でした)。

 

2023年現在も56,800円(セット申し込みで16,000円オフ)と、当初から大きく値下がりすることなく、その能力に見合った価格設定は変わらず。

 

おもな性能・機能

 

【画面サイズ】6.4インチFHD+(2340×1080・画面比率19.5:9)・有機ELディスプレイ・HDR10・リフレッシュレート最大120Hz

 

 

【本体サイズ】幅158×高さ73×薄さ7.9(ミリ)・重さ146グラム

 

 

【CPU】Snapdragon750 5G(2.2GHz)【GPU】Mali-G52

 

【メモリストレージ】8GB+128GB(microSD対応)

 

【カメラ】メイン4,800万+広角800万+望遠800万(トリプル構成)+フロント1,260万画素

 

 

【バッテリー】4,010mAh(急速充電表記なし)

 

 

【OS】Android11(12にアップデート可能)

 

【防水防塵機能】IP68(耐塵+水没保護)

 

 

【その他機能】デュアルSIM(nano SIM+eSIM)・画面内指紋認証・顔認証・ステレオスピーカー(ハイレゾ対応)・5G対応・イヤホン端子あり

 

【カラーバリエーション】ブラック、パープル、ホワイト(3色展開)

 

 

端末のポイント

 

CPU性能

 

AQUOS zero6は、ミドルクラス相当のスマホです。

CPUスコアは約32.9~39.5万点といったところ。

 

採用機会は少なく、Xiaoxin Pad Plus(2021)が同じCPUを採用しています。

発熱を指摘する口コミがあるところを見ると、Mi 11 Lite 5G同様スリム化のデメリットが出ているようす。

 

端末の特徴

 

5Gに対応し、防水防塵機能・おサイフケータイ対応。

イヤホン端子が付き、microSDカードも利用できる、(ほぼ)「全部のせ」端末となっています。

ワイヤレス充電はなし。

 

 

一番の特徴は、大型ディスプレイ&バッテリー搭載と比較したその本体の軽さ

最新技術が導入され、軽量化された樹脂パネルを採用し146グラムという規格外の軽量化に成功。

Xperia10 Ⅲ liteが169グラム、当時は軽量で注目されたXiaomi Mi 11 Lite 5Gでも159グラム

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セイモバイル★国内 楽天版SIMフリー AQUOS zero6 SH-RM18 [ブラック] 新品未使用品
価格:33,800円(税込、送料無料) (2024/2/6時点)

楽天で購入

 

 

ちなみに、購入は新品がいいでしょう。

理由はやはり、発熱問題があるためですね。

発熱は端末の劣化と、なによりバッテリーの充電性能劣化をともなうため。

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント