Blackview Tab16【グローバル版】は正統な進化を遂げたミドルタブレット【中華タブレット】

スポンサーリンク

はじめに

 

Tab 16(Blackviewグローバル版公式ページ)

 

中国のメーカー、Blackviewが新しいタブレット端末を海外向けに発表。

Blackview Tab 16グローバル版

15に引き続きブログで紹介します。

 

 

※使用している画像は公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

Youtube版

 

※使用している画像は公式ページ(海外版等)より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

   

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

2023年3月発売予定。

標準価格は379.98ドル(日本円に換算すると約5.1万円)

中華ECサイトのブログ作成現在の価格は189.99ドル(同約2.6万円)

プレセール価格は現在、150.99ドル(約2万円)となっています。

 

おもな性能・機能

※Tab15との違い

 

11インチ2K(2,000×1,200)IPS液晶ディスプレイ

 

 

260.11×高さ164.71×薄さ7.95(ミリ)・重さ約533グラム

 

 

【CPU】UNISOC Tiger T616【GPU】Mali-G57

 

 

メモリ8GB+ストレージ256GB

 

 

メイン1,300万画素+フロント800万画素

 

 

バッテリー7,680mAh(急速充電18W)

 

 

Android12
デュアルSIM(nanoSIM)・クアッドスピーカー・顔認証

 

 

Twilight Blue、Meteorite GrayMint Green(3色展開)

 

 

IIJmio(みおふぉん)

端末のポイント(先代との比較)

 

 

今回紹介した端末はミドルクラスのタブレットです。

CPUのベンチマークスコアは約22.7万点(公式スコアは約26万点)。

DOOGEE・CHUWIやTECLASTをはじめ、中華タブレットで採用される機会の多いCPUです。

 

 

先代(UNISOC T610)のCPUスコアは約16.3~19.2万点

Tab 13のスコア(Helio G85)は約19.2~20.1万点

さらにその先代、Tab11(UNISOC T618)は約20.8万点

 

 

同じシリーズでありながらCPUの性能が上がったり下がったり(発売されるたびに性能がアップしているわけではない)、安定しない印象はあります。

そんななかで、今回の端末はスコア的には最も高い数値となっています。

 

 

性能・機能面での違いを確認するまでもなく、CPUのみならず今回の端末は純粋に先代の上位互換的なつくりとなっています。

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

タブレット
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント