Google Pixel 6a登場。キャリアとSIMフリー版が7月発売【Pixel6シリーズの違い】

スポンサーリンク

はじめに

 

Google Pixel 6a(Google Store)

 

今秋、pixelシリーズ最新作7が発売予定。

タブレット端末も来年発売予定が告知されているGoogleから、pixel 6aが発売。

キャリアほか、SIMフリー版もあります。

今回はこの端末の紹介となります。

 

※使用している画像は公式ホームページより引用しています。

Youtube版

 

Google Pixel 6aの性能・機能

 

2022年7月28日発売。

1週間前の7月21日よりGoogleオンラインストアで予約開始となります。

価格は53,900円

 

オンラインストアでは、手数料・利子のかからない分割払いが用意されています。

また、旧Pixelシリーズのスマホなど、スマホを下取りし、購入することも可能。

 

約6.1インチFHD+(2,400×1,080)有機ELディスプレイ

 

 

幅71.8×高さ152.2×薄さ8.9(mm)。重さ178g

 

 

Google Tensor(CPU)、Mali-G78(GPU)

 

 

メモリ6GB、ストレージ128GB

 

メイン広角1,220万+超広角1,200万のデュアルカメラ+フロント800万画素

 

 

バッテリー4,410mAh(急速充電30W対応)

 

 

防水防塵対応(IP67)

 

 

画面内指紋認証、顔認証

 

 

デュアルSIM(nanoSIM)

 

Android12(5年間のアップデート保証)

 

Sage、Chalk、Charcoal(3色展開)

 

端末のポイント(Pixel6シリーズとの違い)

 

Pixel6シリーズ

 

Google Pixel 6aはミドルハイクラスの性能を持ったスマホです。

この評価は搭載されているCPUがGoogle独自のCPU、Google Tensorのため。

 

 

Pixel6シリーズから初採用された、新しいCPUです。

関心度は高く、ネットでは情報サイトほかスコア計測しているかたを見ることができます。

現時点では、ベンチマークスコアは約57万点~77万点とかなり開きがあります。

 

これは、このCPUが搭載されているPixel6とPixel6 Proのメモリ容量の違いが原因にあげられると思われます。

メモリ容量がProでは12GB、6は8GB

6GBに変更された6aでは、この影響でスコアを下めに見ておいたほうが良いかもしれません。

ちなみに、Google検索【Google Tensor スコア】で表示されるスコアは「67万点前後」。

 

 

6aの最大の特徴はこのCPU性能と価格とのバランスでしょう。

価格は10万円を超える、Proの約半分。

 

そのぶん、コストカットのためいくつかの機能が縮小・ダウンした印象はあります。

画面サイズはPro→6→6aとなるにつれてコンパクト重視へ。

それに合わせてリフレッシュレート値が下がっているのは残念なところ。

(120Hz→90Hz→60Hz)

 

ワイヤレス充電は非対応です。

防水防塵機能はPro・6のIP68からIP67へ。

カメラ性能も決して高くはなく、5aとほぼ同じ画素数に抑えています。

 

 

 

購入申し込み検討の参考になれば幸いです。

今回は以上になります。

 

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント