国内版初SIMフリー&Mシリーズ国内版初登場の初づくし。Galaxy M23 5Gが4/21発売

スポンサーリンク

はじめに

 

Galaxy M23 5G(Samsung公式ページ)

 

前回に続き、Galaxy新端末発表会で公開された、国内向け端末のひとつを紹介します。

今回の端末はGalaxy M23 5G

これが、Galaxyシリーズ初のSIMフリー端末となります。

また、海外を中心に展開されていたMシリーズ初の国内向け端末とあって、非常に気になる端末となっています。

 

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

Youtube版

 

Galaxy M23 5Gの性能・機能

 

Galaxy M23 5G(Samsung公式ページ)

 

2022年4月21日発売

価格も決定しており、40,975円。

Amazonほか一部家電量販店のオンラインで販売開始予定です。

 

約6.6インチ FHD+(2,408×1,080)液晶ディスプレイ

 

 

幅77.0×高さ165.5×薄さ8.4(mm)。重さ198g

 

 

Snapdragon 750G(CPU)Adreno 619(GPU)

 

 

メモリ6GB・ストレージ128GB(microSDスロットあり)

 

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

メイン広角5,000万+超広角800万+深度200万画素(トリプルカメラ)。フロント800万画素

 

 

バッテリー5,000mAh(急速充電25W)

 

 

One UI4.1(Android12相当)

 

側面指紋認証+顔認証

 

 

ディープグリーン、ライトブルーの2色展開

 

 

端末のポイント(A53 5Gとの違い)

 

 

Sumsung Galaxy M23 5Gミドルクラスのスマホです。

Mシリーズはインドなど海外中心で展開していたシリーズ。

Sumsungは国ごとに明確なシリーズ分けをしていたため、国内販売の可能性は低いと見られていました。

 

搭載されているCPUはSnapdragon 750G、ベンチマークスコアは約32~33万点といったところ。

同じタイミングで発表されたA53 5Gも同じミドルクラスですが、こちらの
CPUは約38万点、全体的な性能もM23の上位端末といった立ち位置です。

 

 

デメリットとしてはまずSumsungお得意、有機ELディスプレイではない点。

ただ、リフレッシュレートは120Hzに対応。

またおサイフケータイ・防水防塵に非対応となっています。

現時点ではイヤホン端子対応は不明。

 

 

このように、コストカットした廉価版的な存在ではありますが、その分価格を4万円台に抑えている点は評価できるでしょう。

A53 5Gでカメラ性能を気にしなければA53である必要は…というお話をしたのですが、まさにM23 5Gはそんな端末です。

 

通信会社にしばられることなく、誰にでも手に取ることが容易になったSIMフリー版。

実はこれこそがこの端末の最大のメリットなのかもしれませんね。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

コメント