【海外版】moto g52 発表、ミドルクラスのスマホ【国内未発表】

スポンサーリンク

はじめに

 

moto g52(motorola公式ページ)

 

最近海外でシェアを伸ばし続けるモトローラ社。

元々アメリカの会社だった本土ではシェア10%でアップル、サムスンに次ぐ3位に浮上。

(現在はレノボ傘下の中華メーカー)

 

今回はそんな海外に向けたスマホの紹介となります。

現時点では国内未発表の端末です。

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

 

moto g52の性能・機能

 

moto g52(motorola公式ページ)

 

情報によれば、発売は2022年4月。

標準販売価格はメモリとストレージ容量の違いから、249.99ユーロ(日本円で約3,4万円)から販売予定。

 

約6.6インチFHD+(2,400×1,080)有機ELディスプレイ

 

 

幅160.98・高さ74.46・薄さ7.99(mm)。重さ169g

 

 

Snapdragon 680(CPU)Adreno 610

 

 

メモリ4GB、または6GB+ストレージ128GB、または256GB(microSDスロットあり)

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

メイン広角5,000万+超広角800万+マクロ200万画素(トリプルカメラ)。フロント1,600万画素

 

 

バッテリー5,000mAh(急速充電対応30W)

 

 

Android12

 

 

 

 

IP52(防滴仕様)

 

側面指紋認証・顔認証

 

 

イヤホン端子あり

 

デュアルスピーカー

 

 

 Charcoal Grey(チャコールグレー)、Porcelain White(ポースリンホワイト)(2色展開)

 

 

端末のポイント

 

 

moto g52ミドルクラススマホです。

搭載されているCPUのベンチマークスコアは約25.5~27万点

 

メモリーとストレージは選べるようになっているのは海外版らしい仕様といえます。

有機ELディスプレイ。

防塵対応、防水は防滴程度。

バッテリー5,000mAhも現在の基準からすれば標準搭載となってきました。

平均的な性能を持ったミドルクラス標準タイプのスマホです。

ただ、急速充電30Wと性能は高め。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

 

 

コメント