【新シリーズ】DOOGEE DK10グローバル版はカメラ性能と充電能力に優れたミドルハイスマホタフネススマホ

 

スポンサーリンク

はじめに

 

DK10(DOOGEEグローバル版公式ページ)

 

中国メーカーDOOGEE(ドゥージー)社から新シリーズが誕生しました!

端末名はDOOGEE DK10(グローバル版。)

今回は先代が存在しないため、比較対象は同社の最新タフネススマホ・V20S(2024年1月発売)を取り上げています。

 

 

※使用している画像はDOOGEEグローバル版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

2024年3月発売。

公式ショップの(ブログ作成現在の)価格は日本円に自動翻訳され99,790円

プレセール中で標準価格は10万円超え。

 

おもな性能・機能

※V20Sとの違い(性能サイズ↑性能サイズ↓

 

【画面サイズ】【メイン】6.67(+0.24)インチFHD+(2,400×1,080・画面比率20:9)有機ELディスプレイ・リフレッシュレート最大120Hz※サブディスプレイなし

 

 

【本体サイズ】181.7(+10.8)×高さ83.1(+1.2)×薄さ12.7(-1.3)(ミリ)・重さ305(-9)グラム

 

 

【CPU】Media Tek Dimensity 8020(2.6GHz【GPU】Mali-G77

 

 

【メモリストレージ】12GB+512GB(microSD対応)

 

 

【カメラ】メイン5,000万+ナイトビジョンカメラ6,400(+4,000)+広角5,000(+4,200)万+望遠1,600万画素(クアッド構成)+フロント5,000(+3,000)万画素

 

 

【バッテリー】5,150(-850)mAh(120(+87)W急速充電+50Wワイヤレス充電対応)

 

 

【OS】Android13

 

【防水防塵】IP68(耐塵+水没保護)・IP69K(耐塵+高温・高圧水・スチームジェット洗浄保護)+耐衝撃(MIL-STD-810H)

 

 

【その他機能】デュアルSIM(nanoSIM)・側面指紋認証+顔認証・Wi-Fi= WiFi6 802.11 ax/ac/a/b/g/n・5G対応 ※音響表記なし・イヤホン端子なし
【カラーバリエーション】ブラック・グリーン2色展開

 

 

端末のポイント

 

CPU性能

 

 

今回紹介した端末はミドルハイクラスのスマホです。

CPUのベンチマークスコアは約51.9~77.1万点

 

V20Sと比較すると約20万点くらいのスコアアップがうかがえます。

同社としてはDOOGEE V30 Pro(Dimensity 7050採用)に近い性能です。

 

 

V20Sとの共通点・違い

 

 

パッと見の一番の違いはやっぱりサブディスプレイの有無でしょうか。

DOOGEEのタフネススマホではよく採用されていますが、今回はその代わり(でもありませんが…)カメラ周りが飛躍的に性能アップしています。

クアッドカメラを採用、各カメラがいずれも高画素数という力の入れよう。

 

 

比較対象、というからには比較的近い端末を選んでいる(はず)なのですが…

バッテリー能力強化Wi-Fi6採用など、逆に音響関連に差がない(高音質オーディオとの表記はありますが…)ところに違和感が生まれるほどの進化はさすがの新シリーズといったところです。

 

IIJmio(みおふぉん)

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント