Teclast T65 Max 発表。「MAX」な画面サイズ+ミドル性能を持つグローバル版タブレット

スポンサーリンク

はじめに

 

T65 Max(TECLASTグローバル版公式ページ)

 

TECLAST社のタブレット端末を紹介。

今回の端末名はT65 Max(グローバル版)

 

Tシリーズ最新端末です。

タイトル的にT65(無印版)がありそうですが、公式のラインナップにはありません。

T60はT616採用のエントリーモデル。

そのため比較対象は同じCPUを採用したミドルクラスのT50 Proを取り上げています。

 

 

Youtube版を久しぶりに投稿いたしました。

TECLAST T65 Max 発表(発売日・価格未定)「MAX」な画面サイズ+ミドル性能を持つグローバル版タブレット
【目次】00:26発売日価格は未定00:38おもな性能・機能※T50 Proとの違いは色分け01:22CPU性能01:49同じCPU・T50 Proとの違い※使用している画像は公式ページ等より引用しております。※音声読み上げにはVOICER...

 

※ブログや動画で使用している画像はTECLASTグローバル版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

ブログ作成現在、発売日と価格は未定です。

参考までに、T50 Proの発売当時の価格は289.99ドル(日本円で約4.1万円)

 

おもな性能・機能

※比較対象はT50 Pro性能サイズ↑性能サイズ↓

※スペックは公式画像の数値を取り上げています(例:公式画像→IPS液晶・スペック表記:なし)

 

【画面サイズ】13(+2)ンチHD1,920×1,200・画面比率1612)IPS液晶ディスプレイ※リフレッシュレート60Hz(T50 Proは非公表)

 

 

【本体サイズ】幅305(+48)×幅199(+37)×薄さ8.2(+0.4)(ミリ)・重さ710(+230)グラム

 

 

【CPU】MediaTek Helio G99【GPU】Mali-G57

 

 

【メモリーストレージ】8GB+256GB(microSD対応)

 

 

【カメラ】メイン1,300(-700)万+AIカメラ10(-20)万画素(デュアル構成)+フロント800万画素

 

 

【バッテリー】10,000(+2,000mAh(急速充電18W)

 

 

【OS】Android14

 

 

【その他機能】nanoSIM(デュアルSIM)・顔認証・クアッドスピーカー・イヤホン端子ありWidevineL1対応表記なし

 

 

【カラーバリエーション】スペースグレー

 

端末のポイント

 

CPU性能

 

 

今回紹介した端末はミドルクラス相当のタブレットです。

CPUのベンチマークスコアは約36.5~38.2万点

 

中国の多くのメーカーがスマホ・タブレット問わず採用している汎用性の高いCPUです。

TECLAST製のタブレットも他社同様、エントリーモデルが中心にリリースされるなか…

同社としては比較的高いCPUを採用しているのが本端末の特徴のひとつ。

 

CPUが同じ・T50 Proとの違いは

 

 

性能・機能を見比べてみると、ナンバリングこそ異なりますが…

T65 MAXはT50 Proの無印版(ベースモデル)のようなつくりになっていることがわかります(といってもそこまで大きく差があるわけではないですが)。

 

 

例えばカメラ性能の高さはProのほうに軍配が上がります。

AIカメラを備えたデュアル構成なのは同じ。

WidevineL1非対応(Proにはあった表記が消えた)なのはせっかく大画面なのに残念なところ。

 

 

逆に異なる部分といえば「MAX」の名の通り?全体的なサイズ感。

タブレット全体としてもかなり大きな部類に入るサイズ

バッテリー容量アップ(にともなう重量アップ)も廉価版モデルによく採用される改良点。

 

イヤホン端子付き端末のメリット

 

 

個人的にはイヤホン端子が採用されている点は大きなプラス。

Bluetoothが普及している現在ではそこまで大きな問題ではないかもしれませんが…

 

 

私のように安価なイヤホンを使い回しするタイプだとペアリング機能に難あり。

マニュアルにあるような「複数の端末で同時に使える」機能を十分に堪能できません。

また、複数の端末で同じイヤホンをペアリング設定していると、最初に接続されるのは「イヤホンと最も相性のいい端末」に真っ先につながります。

 

 

それが意図していない端末につながるとそちらを切って、またペアリングしなおし…という手間が…

そんなとき、片方Bluetooth接続・片方イヤホン端子が役に立ちます。

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画では、スマートフォンや通信会社の最新情報をメインに、さまざまな役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

タブレット
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント