タフネスさ+日常遣いを意識したスマホ。Ulefone Armor 12S【グローバル版】

AliExpress Global

スポンサーリンク

はじめに

 

Armor 12S(Ulefone海外版公式ページ)

 

タフネススマホで紹介することの多い、Ulefone(ウレフォン)。

先月も紹介したばかり。

今回もタフネススマホの紹介です。

ナンバリング的には前後しますが、端末名はArmor 12S。海外版。

Armor 12は2021年夏発売されています。

 

 

※ブログで使用している画像は公式ページ(海外版)より引用しています。

発売日・価格とおもな機能・性能

 

発売日・価格

 

Armor 12S(Ulefone公式ショップ)

 

2022年12月発売。

価格は259.99ドル(日本円に換算すると約3.6万円)

 

おもな性能・機能

 

6.52インチHD+(1,600×720)IPS液晶ディスプレイ

 

 

幅82.5×高さ175.9×薄さ14.25ミリ。重さ297グラム

 

 

MediaTek Helio G99(CPU)Mali-G57(GPU)

 

 

メモリ8GB/ストレージ128GB

 

 

メイン広角5,000万画素+超広角800万画素+マクロ200万画素+深度200万画素(クアッドカメラ)+フロント1,600万画素

 

 

バッテリー5,180mAh(急速充電対応18W+ワイヤレス充電15W対応

 

 

側面指紋認証、 顔認証

 

防水防塵+耐衝撃(IP68/IP69K)

 

 

Android12

 

デュアルSIM(nanoSIM)

 

 

ブラック、グレー

 

 

端末のポイント

 

Armor 12S(Ulefone海外版公式ページ)

 

Ulefone Armor 12Sは、ミドルクラス相当のタフネススマホです。

CPUのベンチマークスコアはこの評価は採用しているCPUのAntutuスコアが約36.5~38.2万点から。

同じUlefone・Armor 17 ProRedmi Pad、最近紹介したばかりのiPlay 50 Proなど、このCPUを紹介する機会が多くなりました。

 

 

タフネススマホというと大容量バッテリー採用による「数日持つ」性能など、「ごく普通のスマホ」利用者にとっては尖った印象の多いジャンルです。

 

タフネススマホでありながら、薄さをアピールしたイメージカット。しっかり日常遣いを意識しています

 

そういった意味で今回紹介した端末は飛び抜けた性能はない反面、日常遣いを意識したバランス型といっていいでしょう。

そのあたりはベースとなるArmor 12を受け継いでいます。

 

 

そういった意味では、power armorシリーズとarmorシリーズで差別化を図っているようす。

とはいえ、防水防塵機能+耐衝撃性能は最高級。

日常・非日常どちらのシーンでも活躍できるスマホであることには変わりありません。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント