【Blackview】よりハード&タフネス。BV8800【中華スマホ】【日本未発表】

 

スポンサーリンク

はじめに

 

Blackview BV8800(ALIEXPRESS公式販売ページ)

 

前回に引き続き、今回もタフネススマホの紹介です。

中国のメーカーBlackviewは、あらたに防水防塵・耐衝撃のスマートフォン「Blackview BV8800」を発表。

日本国内未発表の端末です。

 

※使用している画像は公式販売サイト等より引用しています。

BV8800のおもな性能・機能

 

調査当時の販売価格は299ドルでした

Blackview BV8800(ALIEXPRESS公式販売ページ)

 

2022年1月10日に発売されることが発表されています。

公式サイト(海外版)でも情報公開中。

標準価格は52,966円との表記が。

 

中国の通販サイト「ALIEXPRESS」内の公式販売サイトでは早速セール販売中。

最新のセール価格は199.99ドル(日本円で約23,000円)

4日間限定で半額以下での販売に。

 

BV8800のおもな性能・機能はこちら。

 

6.58インチ FHD+(2,408×1,080)液晶ディスプレイ

 

 

高さ176.2 x 幅83.5 x 17.7(mm)。重さ365g

 

 

MediaTek Helio G96 2.05GHz オクタコア

 

公式のベンチマークテスト結果は約30万点

 

メモリ8GB、ストレージ128GB(microSD対応)

 

 

メイン5,000万+赤外線ナイトビジョンカメラ2,000万+広角800万+深度1,600万画素(クアッドカメラ)、フロントカメラ1,600万画素

 

 

バッテリー8,380mAh(33W急速充電対応)

 

 

側面認証+顔認証

 

Doke OS 3.0(Android11ベース)

 

独自OSの採用

 

防水防塵(IP69K)※MIL規格準拠

 

※耐環境性試験の規格であるMIL-STD-810に準拠した試験実績(Wikipedia

 

デュアルSIM(nano SIM×2)

 

 

SIMスロット2枚使用時はmicroSDカードを外して利用。

なお、イヤホン端子については表記がありません(「なし」と表記している情報サイトあり)。

 

Mecha Yellow(メカイエロー)、Navy Green(ネイビーグリーン)、Conquest Black(コンクェストブラック)の3色展開

 

 

端末のポイント

 

 

Blackview BV8800はエントリー~ミドルクラスの中間に位置するタフネススマホです。

CPUはMedia Tek Helio G96を搭載。

インド向けの端末など、一部の端末で採用されているもの。

 

エントリークラス級と称されているのは、搭載されているGPU性能(Mali-G57 MC2)がそこまで高くないという情報もあります。

※GPU(Graphics Processing Unit)3Dグラフィックを描き出すことに特化した演算装置(プロセッサ)

 

とはいえ、8GB+128GBのメモリ・ストレージは十分。

 

 

BV8800はカメラ性能を重視した端末の印象を受けます。

タフネススマホの強じんさを生かした、1.5Mの深度での水中撮影や夜の撮影ができるクワッド(4つ)カメラを採用しています。

もちろん防水防塵最高クラスIP69K対応。

バッテリーも8,000mAh超。

 

 

先日紹介したばかりの同じタフネススマホDOOGEE V20とは方向性が少し違うようす。

V20はディスプレイの質を上げ(メイン・サブともに有機EL採用)、日常使いにより焦点を当てた「頑丈な」スマホという印象でした。

 

 

どちらの端末も中国国内販売価格とはいえ、この性能・機能のタフネススマホで3万円前半の価格設定。

技術・性能・コストのバランスが取れた、中華スマホ市場の層の厚さをまたも感じる結果となりました。

 

※当ブログではミドルクラスを中心とした(手に取りやすい価格の)スマホ・タブレットなどを紹介しています

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

 

コメント