【楽天モバイル】番外編①東京市部の楽天回線エリア?の速度計測(2020.12.28)

スポンサーリンク

はじめに

 

今回は楽天モバイルエリア情報の番外編としてお伝えしていきます。

これまでの楽天モバイルエリア情報のリンク集はこちら。

 

 

※ブログで使用している画像は公式ページより引用しています。

ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

 

今回のテーマ

 

楽天モバイルを使用検討・利用するにおいて気になる問題といえば・・・

 

エリア問題

 

品質問題

 

この2点ではないでしょうか。

特に、パートナーエリアに住んでいて、これから楽天回線が入るエリアのかたとしては大変気になるところ。

 

今月、そんなパートナーエリアがほとんどを占める、多摩エリアに新しく楽天回線が建設されました。

そこで、実際に多摩エリアに住む私が状況を調べてみた、というのが今回の内容になります。

 

そもそも、楽天回線が本当に入っているのか?(途切れる境界線は?)

 

通信速度は?

 

調査内容は大きく分けてこの2点になります。

 

 

調査地点はJR青梅線拝島駅西立川駅

 

 

そしてJR八高線北八王子駅

この3地点を計測前の調査予定地点として向かいました。

 

 

JR西立川駅周辺(立川市緑町)

 

 

ギリギリ、圏内に入っている程度のため、駅を西側に歩けばあるいは…という想定で調査しました。

 

JR西立川駅(南口)

 

まず駅前はパートナー回線

念のため速度計測してみると、上り下りともに1Mbpsという結果に。

 

そこで、楽天回線が入っているであろう、赤色のエリアに向かって歩いてみることにしました。

 

 

ここは西立川駅と、隣駅である東中神駅の中間くらいの場所(昭和高校付近)で、エリア図によれば楽天回線エリア内になっています(住所的には昭島市東町)。

 

西立川駅~東中神駅間

 

調べてみると、ここもパートナー回線に。

速度計測の結果もパートナー回線圏内の速度のままでした。

 

パートナー回線から楽天回線への切り替えは特に操作をする必要はなく()、画面上で知るには「my楽天モバイル」アプリを画面上で更新をすることで切り替わります。

 

楽天モバイル公式対応機種の場合。

 

公式機種以外の場合、手動で切り替える必要があります。

対応・非対応端末【ipad】【5G】スマホ・タブレット・ルーター(4/29現在)

 

 

 

ついでなので、東中神駅(昭島市玉川町)周辺でも調査してみました。

するとここでもパートナー回線エリアになっていました。

 

JR東中神駅

 

JR拝島駅周辺(昭島市美堀町)

 

 

続いては、こちらも境界線ギリギリエリアに入るか入らないかくらいの、JR・西武線拝島駅

こちらはエリアに入っている、駅南口で計測を行いました。

 

JR拝島駅

 

しかし、残念ながらこちらもパートナー回線のままでした。

やはり口コミなどの通り、ギリギリのエリアは入らないと思っていいようです。

 

 

続いては少し駅を北上した、大通り(環状線)とJRが交差する地点(福生市熊川)に向かいます。

ここはエリア図では完全に楽天回線エリアになっているはずの場所。

 

しかしここでもパートナー回線のままでした。

ここまで4か所すべてパートナーエリアのまま。

このままでは記事にならないというよりも

 

どこまで行けば楽天回線に入るの???

 

という疑問に。

この途中経過に、予定変更をしてこのまま大通りを道なりに北上してみることにしました。

途中で何度かアンテナチェックを行い、楽天回線に入った時点で今度は速度を計測してみるという流れ。

 

地図を北上。エリア図通りだと、楽天回線上をずっと歩いている計算になるのですが…

 

 

JR牛浜駅・福生駅・東福生駅(福生市)

 

JR牛浜駅

 

 

横田基地を右手に北へ進んでいくと、JR青梅線牛浜駅の交差点(福生市熊川)が見えてきます。

第5ゲート交差点

 

 

先ほどの交差点を左折すると駅にたどり着きます。

データ上では楽天エリアのはず。

 

JR福生駅

 

 

続いて、北にひと駅向かった、福生駅(福生市福生)

そろそろ楽天エリアが途切れるエリアなのですが…

 

 

境界線ギリギリの、JR八高線東福生駅(福生市福生)

それでも南部はエリア圏内のはず。

 

無人改札のJR東福生駅

 

しかし、調査した限りではいずれの駅周辺、駅に向かう道ながら計測してみたのですが

すべてパートナー回線という結果になってしまいました。

 

人気の東京都の地酒!東京都福生市:田村半十朗 蔵直 嘉泉 かせん しぼりたて 無濾過生原酒

 

北八王子駅(八王子市)

 

 

そして最後はJR八高線北八王子駅に向かいます。

こちらの駅周辺も、楽天回線が使える地域と想定されているはず。

 

JR北八王子駅

 

と、ここまでご覧になられたかたなら結末はおのずと導かれますね。

はい、こちらでもやはりパートナー回線のままでした。

そして、結果としても今回調査したすべての地域でパートナー回線という結果に。

 

まとめ

 

調査した地点を地図にまとめると、こんな状態になりました。

西立川駅(立川市緑町)~東中神駅(昭島市玉川町)

 

西立川駅~東中神駅

 

拝島駅(昭島市美堀町)~牛浜駅(福生市熊川)

 

拝島駅~牛浜駅

 

福生駅~東福生駅(いずれも福生市福生)

 

福生駅~東福生駅

 

北八王子駅エリア(八王子市石川町~高倉町)

 

 

いま、5Gエリアがごく限られた地域でしか使えないという欠点があるのですが…

 

いくら楽天回線エリアが高速通信で実質無制限(1日10GB制限はあり)とはいっても、パートナーエリアに住む人間からすると

(エリアにいないから高速を体感できないという意味で)

5G回線エリアと変わらないくらいの印象になっています。

 

いくら高速・無制限と言われても使えなければ・・・

 

私自身、高速通信を体感したのは都心(丸の内)に出かけたときくらいにとどまっていて

「高速通信につながれば便利なんだけど、楽天モバイル」

という評判を早くくつがえして欲しいものです。

 

補足(2020年12月現在)

 

今回紹介した多摩エリアの楽天回線問題・・・実は

 

本当の楽天回線エリアじゃないかも?疑惑があります。

それはなぜかというと・・・こちらの地図をご覧ください。

 

楽天回線エリアだった場所が・・・?!

 

ちょっとおかしいと思いませんか?

そう、実はこの今回紹介した楽天回線地域だけ、地図の大きさによっては表示されないんです。

考えられる可能性は単純に表示エラーなのかもしれませんが、今回の調査結果を考えると

 

現状はまだ楽天回線エリアではない?

 

という可能性が高そうですね。

 

実は、この調査には続きがあります。

この結果はあくまで通過点に過ぎません。

 

この情報はすでに過去の情報。昨年と今年の楽天回線エリアは比較になりません。

ちなみに、今回の調査はのちに全てパートナー回線だったと判断した(してしまった?)と、誤解していたことに気付くのですが・・・

合わせてどうぞ。

 

楽天
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント

  1. fujipanda より:

    楽天モバイルのホームページでの地図によると楽天回線エリアのように見えますが、
    楽天回線エリアの一覧では
    https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/cover/?l-id=area_cover
    この地域はサービスエリアには含まれておりません。
    2/1に端末が届くので、当方でも確認してみます。

    • やおブロ やおブロ より:

      コメントありがとうございます。

      「正しい楽天回線地図の読みかた」というブログ・動画でタイトル通り、楽天モバイルホームページで公開されている楽天回線エリア図の読みかたを紹介しています。

      詳しくはそちらを見ていただければと思うのですが、あのエリア図は=実際のエリア図とは少し違います。楽天回線エリアがパートナーエリアであったり、逆の場合もあります。

      よろしくお願いします。