DOOGEE Sminiグローバル版。4.5インチコンパクトサイズ+タフネス性能を詰め込んだミドルクラスの実用性の高いスマホ

スポンサーリンク

はじめに

 

DOOGEE Smini(DOOGEEグローバル版公式ページ)

 

DOOGEE(ドゥージー)社がタフネススマホを発表。

端末名はDOOGEE Smini

 

同社で取り上げた、ほかのどの端末とも似ていない端末に興味あり。

参考までに、比較対象は同じCPUを採用しているDOOGEE S110

 

 

※使用している画像はDOOGEEグローバル版公式ページ・およびAliExpress内公式ショップ(一部日本語に自動翻訳)より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

2023年11月発売。

公式ショップの価格は日本語に自動翻訳され、日本円で36,651円

ブログ作成現在の価格はプレセール価格になっています。

 

おもな性能・機能

※同社S110との違い(性能サイズ↑性能サイズ↓

 

【画面サイズ】4.5(-2.1)インチFWVGA+1,170×480)・TFT液晶ディスプレイ(画面比率20:9)・リフレッシュレート表記なし

 

 

【本体サイズ】133(-45.5)×高さ60(-23.1)×薄さ13.5(-4.4)(ミリ)。重さ155(-235)グラム

 

 

【CPU】Media Tek Helio G99(2.2GHz)【GPU】Mali-G57

 

 

【メモリストレージ】8GB+256GB(microSD対応)

 

 

【カメラ】メイン5,000万+深度200万画素デュアル構成)+フロント800(-2,400)万画素

 

 

【バッテリー】3,000(-7,800)mAh(18(-48)W急速充電対応

 

 

【OS】Android13

 

【防水防塵】IP68/IP69K+耐衝撃

 

 

【その他機能】デュアルSIM(nanoSIM)・側面指紋認証+顔認証・イヤホン端子

 

【カラーバリエーション】Black、Silver、Pueple(3色展開)

 

 

 

 

端末のポイント

 

CPU性能

 

 

今回紹介した端末はミドルクラスのスマホ

CPUのベンチマークスコアは約36.5~38.2万点

これまで説明した通り、MediaTek Helio G99というCPUは「非常に」という言葉を付け加えて良いほど、各中国メーカーのスマートフォンやタブレットで採用されているCPUです。

コンパクトスマホでも性能面では申し分なし。

 

コンパクト+タフネス+実用性という新境地

 

 

これまでタフネススマホ・タブレットというと6インチ以上の比較的大きい画面サイズで展開されてきた印象があります。

それが今回、タフネスさが「コンパクトさ」がウリのスマホで採用されることが特徴的であり、この端末の一番の持ち味といえます。

それは「一般的なサイズのスマホ」S110と比較するとより顕著。

 

 

155グラムという、タフネス系端末では考えられないような重量です。

バッテリー容量が3,000mAhとはいえ、軽量を特徴としたスマホと同等レベル。

 

 

ただ軽いコンパクトだけではありません。

CPUだけではなく、ストレージ+メモリ設定もCPU性能に合わせて高い記憶容量を持たせているところからもわかります。

コンパクトスマホに高い性能があるイメージがあまり無いのですが…

(3インチのJelly2など。CPUスコアは約13~17万点)

 

 

なのでコンパクトさにタフネス性能を持たせたことより、ミドルクラスの実用的な性能を持たせていることに魅力を感じるんですよね。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント