OPPOの主力シリーズ登場。Reno 9・Reno 9 Pro中国版【ミドルハイクラス~ハイクラス】

スポンサーリンク

はじめに

 

OPPO Reno 9 ・9 Pro(OPPO中国版公式ページ)

 

国内版は奇数発売なのでしょうか。

OPPO Renoシリーズ最新端末が中国国内で発表になりました。

無印9、9 Pro、9Pro+

このうち、9(以下9)と9 Pro(以下Pro)が同じ公式ページで紹介されていましたのでまとめて紹介します。

 

 

※使用している画像は中国版公式ページ等より引用しています。

Youtube版

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

OPPO Reno 9(OPPO中国版公式ショップ)

 

OPPO Reno 9 Pro(OPPO中国版公式ショップ)

 

2022年12月2日発売。

メモリー・ストレージ容量の違いでそれぞれ複数バージョン存在します。

Reno 9は3バージョン。

最安値が8GB+256GBで2,499元(日本円で約47,000円)から(プレセール価格は2,439元)。

 

Reno 9 Proは2バージョンで最安値は16GB+256GB。

3,499元(日本円で約4.9万円)から(プレセール価格は3,439元)。

 

おもな性能・機能

 

約6.7インチFHD+(2,412×1,080)有機ELディスプレイ(リフレッシュレート120Hz)

 

 

幅162.3×高さ74.2・薄さ7.19(ミリ)。重さ174グラム

 

 

【9】(CPU)Snapdragon 778(GPU)Adreno 642L【Pro】(CPU)MediaTek Dimensity 8100-MAX(GPU)ARM Mali-G610

 

 

 

メモリー・ストレージ【9】8GB+256GB・12GB+256GB・12GB+512GB【Pro】16GB+256GB・16GB+512GB

 

 

【9】デュアルSIM(nano SIM)【Pro】シングルSIM(nano SIM)

 

【9】メイン広角6,400万+モノクロ200万画素(デュアルカメラ)+フロント3,200万画素【Pro】メイン広角5,000万+超広角800万画素(デュアルカメラ)+フロント3,200万画素

 

 

バッテリー4,500mAh(急速充電67W)

 

 

ColorOS 13(Android13)

 

 

画面内指紋認証・顔認証

 

【9】明日金(ゴールド)、皓月黒(ブラック)、微醺、万事紅(レッド)(4色展開)【Pro】明日金(ゴールド)、皓月黒(ブラック)、微醺(3色)

 

 

 

端末のポイント

 

 

OPPO Reno 9ミドルハイクラスに相当するスマホです。

Antutuベンチマークスコアの評価は49.7万点~52万点

 

いっぽうのOPPO Reno 9 Proはハイクラスに相当するスマホ。

スコア評価は80.1~80.8万点

CPUのスコアだけをみると30万点近くの開きがあり、「別物」といった結果になっています。

 

Dimensity 8100-MAXはDimensityシリーズの中でも上位クラスのCPU

 

共通点はそのサイズ(持ったときの印象)感・外見の印象です。

同じ認証方法を持ち、画面の質・重さ(バッテリー容量が同じ)をそろえています。

側の部分がほぼ同じなのです(カラーバリエーションが9が一色多い)。

 

カメラのレンズ数も当然同じ。

ちなみに、両端末ともに防水防塵機能・イヤホン端子は対応していません(Reno 8と同じ、Liteシリーズには防水防塵機能あり)。

 

 

反対に、中身はそれこそSIMスロットの形状から異なります。

メモリ・ストレージ構成、カメラ画素数まで。

Proの名にふさわしい、わかりやすく上位バージョン構成となっています。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

   

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント