vivoの国内未発表ブランド・iQOO Z8中国版。ハイクラスにランクアップしたスマホ

スポンサーリンク

はじめに

 

iQOO Z8(vivo中国版公式ページ)

 

中国のメーカー・vivo(ビボ)の新端末紹介。

iQOO(アイク―)ブランドの端末名はiQOO Z8(中国版)。

 

今回は取り上げませんが、同時に下位互換のiQOO Z8xも発表。

 

当ブログでは取り上げていませんでしたが、先代7との比較もあわせて。

 

 

※使用している画像はvivo中国版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

2023年8月発売。

価格はメモリ・ストレージ容量の違いにより3バージョン

中国版の公式ショップのブログ作成現在の価格は1,699元(日本円で約3.4万円)から。

 

おもな性能・機能

※iQOO Z7との違い(性能サイズ↑性能サイズ↓

 

【画面サイズ】6.64インチFHD+(2,388×1,080)リフレッシュレートは最大120Hz(画面比率19.9:9)

 

 

【本体サイズ】幅164.58×高さ75.8×薄さ8.7(ミリ)重さ200(-1.5)グラム

 

 

CPU】MediaTek Dimensity 8200(3.1GHz)【GPU】Mali-G610

 

 

【メモリストレージ】8GB+256GB・12GB+256GB・12GB+512GB

 

 

【カメラ】メイン6,400万画素+深度200万画素(デュアル構成)+フロント1,600万画素

 

 

【バッテリー】5,000mAh+120W急速充電

 

 

【OS】Origin OS 3(Android13)

 

 

【その他機能】デュアルSIM(nanoSIM)・側面指紋認証+顔認証・ハイレゾ対応・イヤホン端子あり

 

ブラック・オレンジ・ブルー(3色展開)

 

 

端末のポイント

 

CPU性能

 

 

今回紹介した端末はハイスペック相当のスマホです。

CPUのベンチマークスコアは約88.4~94.5万点

 

先代がミドルハイクラス(56.4~59.7万点)でしたから、30万点以上のスコアアップということになります。

そして、このCPU(およびGPU)の性能の変化が先代との一番の違いです。

 

先代との比較

 

 

逆に言ってしまえば、それ以外の性能・機能面に関しては大きな違いはありません。

ストレージ容量設定などに若干の変更があるものの、ほぼ先代を引き継いでいます。

 

表記の有無で言えば、先代の液晶はIPS型でしたが、今回は特に表記がなく「LCD」となっています。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント