国内向けに日常使いを強化したミドルロークラス。Xiaomi・Redmi Note10T発売【SIMフリー】

スポンサーリンク

はじめに

 

Redmi Note 10T(シャオミジャパン公式ページ)

 

Xiaomiの端末が国内向け発売、キャリアほかSIMフリー版も登場するとあっては取り上げないわけにはいきません。

端末名はRedmi Note 10T。今回はSIMフリー版の紹介です。

 

国内で3月に発売された、Redmi Note 11との違いも。

購入・申し込み検討の参考になれば幸いです。

 

 

※使用している画像は公式ページより引用しています。

Youtube版

 

  

Redmi Note 10Tの性能・機能

 

Redmi Note 10T(シャオミジャパンオフィシャルショップ)

 

2022年4月26日発売

※キャリア版は発売日が異なります

 

価格は34,800円と既に確定。

公式では予約受け付け開始中、Youtubeプレミアムが2か月無料になるなどのキャンペーンも実施中です。

 

それでは気になる端末の性能・機能はこちら。

 

約6.5インチ FHD+(2,400×1,080)液晶ディスプレイ

 

 

幅76×高さ163×薄さ9(mm)。重さ198g

 

 

Snapdragon 480 5G(CPU)Adreno 619(GPU)

 

 

メモリ4GB、ストレージ64GB(microSDスロットあり)

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

メイン広角5,000万+深度200万画素(デュアルカメラ)。フロント800万画素

 

 

バッテリー5,000mAh(急速充電18W対応)

 

 

MIUI13(Android11相当)

 

 

側面指紋認証+顔認証

 

イヤホン端子あり・防水防塵機能(IP68)

 

 

おサイフケータイ対応

 

 

eSIM対応

 

 

アジュールブラック、ナイトタイムブルー、レイクブルーの3色展開

 

 

端末のポイント(Redmi Note 11との比較)

 

 

Redmi  Note 10Tエントリー~ミドルの中間に位置するスマホです。

 

この評価は搭載されているCPUのベンチマークスコアは24.1~28.9万点であることから判断しています。

ただ、数値をみてわかるとおり情報により性能にばらつきが見られるCPUのようです。

スコアは決して悪くはないのですが、過剰に期待は禁物、といったところでしょうか。

 

25~27万点と、同じようにスコアにばらつきがみられるのがSnapdragon 680ですが、このCPUこそが今回比較対象に選んだRedmi 11Tに搭載されているCPUです。

ともに国内発売された端末ですが、カメラを除けば(4眼・2眼)性能はよく似ています。

そしてどちらもメモリ・ストレージ容量が4GB+64GBと、物足りなさを感じる点も共通。

 

 

明確に異なるのは機能面。

ディスプレイこそ液晶ディスプレイですが…

防水防塵機能がIP53からIP68(タフネス系をのぞけば最高級)に強化。

おサイフケータイ、さらにeSIMにも対応しています。

11Tよりもさらに日常使いにより特化した端末となっています。

 

その分、価格がプラス1万円ほどアップしています。

 

NURO 光

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

コメント