Nothing Phone (2a)国内版。廉価版ながらハイスペックな性能。おサイフケータイ対応でさらなる国内仕様端末に

スポンサーリンク

はじめに

 

Nothing Phone(2a)(Nothing Technology公式ページ)

 

英国のメーカー・Nothing Technology(OPPO系列・OnePlusの共同設立者が起業)。

2代目となるスマートフォンを発表しました。

端末名はシンプルにNothing Phone(2a)

 

文字通り、Nothing Phone(2)の廉価版的存在端末。

海外版・国内版がほぼ同時期に発売予定ですが、今回取り上げているのは国内版です。

 

 

※使用している画像はNothing Technology公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

海外版・国内版ともに2024年3月発売。

国内版は12GB+256GBが3月下旬より発送予定となっています。

 

8GB+128GBは後日発送予定が公開になるとのこと。

国内版はブログ作成現在予約購入可能となっていて、価格は55,800円(12GB+256GB)。

 

おもな性能・機能

※上位互換版(2)との違い(性能サイズ↑性能サイズ↓

 

【画面サイズ】6.7インチFHD+(2,412×1,084・画面比率20:9)Flexible有機ELディスプレイ・リフレッシュレート最大120Hz

 

 

【本体サイズ】161.74(-0.36)×高さ76.32(+0.02)・薄さ8.55(+0.05)(ミリ)。重さ190(-10.68)グラム

 

 

【CPU】Media Tek Dimensity 7200 Pro【GPU】Mali-G610

 

 

【メモリストレージ】8GB+128GB・12GB+256GB(microSD非対応)

 

【カメラ】メイン5,000万+広角5,000万画素(デュアル構成)+フロント3,200万画素

 

 

【バッテリー】5,000(+500)mAh(急速充電45W)※ワイヤレス充電・給電は非対応

 

 

【OS】Nothing OS2.5(Android14相当)※OSアップデート3年間保証

 

 

【防水防塵】IP54(防塵+飛沫防止)

 

【その他機能】デュアルSIM(nanoSIM)・画面内指紋認証+顔認証・ステレオスピーカー・5G対応

 

 

【カラーバリエーション】ブラック・ミルク(2色展開)

 

端末のポイント

 

CPU性能

 

 

今回紹介した端末はハイスペックスマホです。

CPUのベンチマークスコアは約70.8~73.8万点

 

採用している端末はブログ作成現在、今回の(2a)のみ。

Dimensity 7200は無印版ProUltraと実に3グレードも存在する珍しいタイプで…

スコア的にはシリーズのなかで無印版以上Ultra以下という立ち位置となっています。

 

とはいえ、ハイエンドの上位互換版(2)と比べるとさすがに差がありますね(約30万点)。

 

上位互換版(2)との比較

 

公式で比較対象となっていたのは(1)のほうでした

 

CPUこそスコア差がありますが…

それ以外の部分に関してはその性能を引き継いでいる部分が多く、そこまでの性能機能の差がないつくりとなっているのが特徴。

具体的にはカメラ性能や急速充電性能など。

 

 

むしろバッテリー容量は増えつつ10グラム以上軽くなったあたりはメリットでしかなかったりします(ワイヤレス充電・給電機能はなし)。

 

 

背面デザインに独自色を出した点に関しては疑問がありますが…

それ以外の点においては「下位互換・廉価版」というには性能の高い端末に仕上がっていると感じる部分が多くなっていて好印象。

 

TOPページの表記より

 

なお、ブログ作成現在上位互換版(国内版)では非対応だった「おサイフケータイ対応」については検討中と公式でアナウンスされています。

→無事対応が発表されました。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント