【モトローラ】ハイエンドなのに低価格!moto edge S30 発表【中国版】【Lenovo】

 

スポンサーリンク

はじめに

 

moto edge S30(lenovo.com)

 

中国のメーカー、Lenovo(レノボ)の100%子会社である、モトローラ・モビリティ(以下モトローラ)よりあらたなスマホが発表されました。

それがmoto edge S30です。

現時点では日本版未発表の端末です。

 

※使用している画像は公式ホームページ(海外版)より引用しています。

 

edge S30のおもな性能・機能

 

moto edge S30(lenovo.com)

 

2021年12月発売、海外版のSIMフリーです。

発表されている価格が最安グレードで1,799元(日本円で約3.2万円)から。

低価格で提供されるモデルであることが分かりますが、それでは気になる性能・機能を見ていきましょう。

 

約6.8インチFHD+(2,460×1,080)液晶ディスプレイ

 

IPS液晶であるものの、4K画質を楽しめる品質

 

幅75.53×高さ168.07×厚さ8.89(mm)重さ202g

 

 

 

Snapdragon 888+

 

888+といえば、発表されたばかりの最新8 Gen1に次ぐ高性能CPU

 

メモリ6・8・12GB、ストレージ128・256GB(合計4タイプの組み合わせ)

 

メイン1億800万+超広角1,300万+マクロ200万、フロント1,600万画素

 

トリプルカメラ+パンチホール式フロントカメラ構成

 

バッテリー5,000mAh

 

33W急速充電対応

 

側面指紋認証・顔認証

 

Android11

 

防水防塵対応(IP52)

 

防塵レベルが5、防水レベルは2。

防水というよりは【防滴】という認識で良さそうです。

 

デュアルSIM(nano SIM×2)

 

microSDスロットなし

 

イヤホンジャックなし

 

ブラック、ブルー(2色展開)

 

 

端末のポイント

 

 

moto edge S30は高性能(ハイスペック)スマホです。

ひと世代前ですが、Snapdragon888+を搭載。

メモリー・ストレージは4タイプから選択でき、値段は上がりますがさらに高性能にすることができます。

バッテリー容量も十分。

 

いっぽうで、低価格に抑えているなりの欠点は存在します。

一番の欠点は、ディスプレイが高性能の部類に入るスマホなのに有機ELではない点。

(見た目に差が出ます)

カメラはメインこそ1億画素ですが、使用しているレンズが安価なものであるという点(カメラ性能を求める人には不向き)。

重さを感じる200gオーバーの重量など(モトローラのスマホは全体的に重い)。

中国版のため、そもそも使っている通信会社で使えるのか?という問題もありますね。

 

最上位の12GB+256GBの組み合わせでも2399元(約4.2万円)で購入可能

moto edge S30(lenovo.com)

 

しかし、価格を考えると「よくぞこの価格まで下げたな」という印象しかありません。

 

通常のハイスペックスマホだとこの性能だと10万円前後が平均…

高性能スマホが5万円を切ることなどまずありえないことです。

少なくともこのブログで紹介するようなスマホではありません。

 

※ただし、中国国内版のため低価格、という考え方もできます

(ほぼ同等のスペックをもつmoto g200はグローバル版で5万円台後半

 

今回は、そんな驚きをもって取り上げさせていただきました。

※当ブログではミドルクラスを中心とした(手に取りやすい価格の)スマホ・タブレットなどを紹介しています

 

moto edge20(国内版)

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

 

コメント