【楽天モバイル】6月~Rakuten Link(iOS版)仕様変更。着信履歴からの通話注意【iPhone】

楽天モバイル関連のニュースです。

スポンサーリンク

はじめに

 

公式ホームページお知らせより

 

楽天モバイルをiPhoneで運用しているかたにはちょっと残念なニュースが入ってきました。

iPhoneのOS=iOSで電話アプリRakuten Linkを利用する際の仕様が6/15(火)より変更になります。

 

この仕様変更が「改悪なのでは」と物議をかもしているのです。

今回はその紹介となっています。

※ブログで使用している画像は公式ページより引用しています。

 

当ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

動画・ブログ作成の励みになります。

役に立ったと思ったらブックマーク・YouTubeのチャンネル登録、およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

 

音声通話の仕様変更

 

 

 

ひとつめは、音声通話の仕様が変わります。

といっても、Rakuten Linkアプリからの発信は変更ありません

また、Rakuten Link利用者同士の着信・発信も変更がありません

今まで通りお使いいただけます。

(従来通り、0570などの特殊番号はRakuten Linkアプリであっても料金がかかります)

 

変わるのは、相手側がRakuten Linkを使用していない状態のときだけです。

簡単に言ってしまえば

 

楽天モバイル以外から電話を受けたとき。

 

この仕様が変わります。

これまでは、どの会社からの電話もRakuten Linkアプリで受けることが可能でした。

iOS版Rakuten Linkの場合、着信が仕様変更後はiOS標準の電話アプリに接続

そのため、もっとも勘違いしやすい有料料金発生のパターンとしては

 

掛かってきた着信履歴から、そのまま電話する。

 

でしょう。

iOS標準の電話アプリが無料サービス対象外となるため、「着信履歴」も標準アプリ扱いになるのです。

 

仕様変更後は、着信履歴からではなく番号をいったんRakuten Linkに登録。

そこから掛ける必要があります。

この、ひと手間がかかってしまうあたりが「改悪」と言われるゆえんなのでしょう。

ご注意ください。

 

SMS送信の仕様変更

 

 

SMS利用の場合、送信の仕様が変更になります(受信に料金は発生しません)。

また、海外でのSMS受信は現在非対応となっており、実質海外では使えなくなります。

(ただし、6月の仕様変更以降利用できる可能性があります)

 

 

日本国内であれば、無料→70文字あたり3円

海外からの送信は、無料→70文字あたり100円かかるようになります。

(ただし、現在はこちらも海外ではiOS標準のメッセージアプリが非対応となっています)

 

まとめと今後

 

私自身もそうなのですが、簡単なメッセージ送信はLINEなどのツールを利用しています。

言ってしまえばこのような、代替の効く、または利用頻度の少ない機能をコストカットしていくのではないか。

そのように感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

いずれAndroid版のRakuten Linkにも実装されそうな、今回の仕様変更。

ちなみに、今回の仕様変更にかかわらず、Rakuten Link以外のアプリを使用した通話は有料となります。

掛け間違えにはくれぐれもご注意ください。

 

楽天
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント