OPPO Reno7 5G発表【グローバル版】【中国版との違い】【SIMフリー】

 ahamo

スポンサーリンク

はじめに

 

Reno7 5G(OPPO公式ページ)

 

OPPO、Renoシリーズ最新作の登場です。

グローバル版とインド版が発表。

国内版は現在未発表の端末ですが、Renoシリーズは国内版でも数多く販売されている人気端末。

国内版も期待できそうです。

 

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

Youtube版

 

 

OPPO Reno7 5Gの性能・機能

 

Reno7 5G(OPPO公式ページ)

 

2022年2月発売予定。

中国版は2021年12月に発売されていますが、性能が異なります。

上位バージョンのReno7 5G Proが同時発売、公式ストアでも販売開始しています。

 

Reno7 Pro 5G(OPPO公式ストア)

 

ただし、こちらは定価が47,990INR(インドルピー)

現在の価格でも39,999INR(約6.1万円)であることから、こちらでは紹介を割愛させていただきます。

 

※当ブログではミドルクラスを中心とした(手に取りやすい価格の)スマホ・タブレットなどを紹介しています

 

Reno7 5Gの標準販売価格は28,999INRです。

日本円に換算すると約4.5万円

 

約6.43インチFHD+(2,400×1,080)有機ELディスプレイ

 

 

幅160.6・高さ73.2・薄さ7.8(mm)。重さ173g

 

 

Media Tek Dimensity 900

 

 

メモリ8GB+ストレージ256GB(microSDスロットあり)

 

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

メイン広角6,400万+超広角800万+マクロ200万画素(トリプルカメラ)。フロント3,200万画素

 

 

バッテリー4,500mAh(急速充電66W)

 

 

ColorOS12(Android11)

 

 

画面内指紋認証・顔認証

 

 

Stary Black(スターリーブラック)、Stary Blue(スターリーブルー)(2色展開)

 

 

 

端末のポイント(中国版との違い)

 

 

OPPO Reno7 5Gミドルクラスに相当するスマホです。

搭載されている、Mediatek Dimensity900はベンチマークスコアは約48.7万点

 

参考までに、中国版Reno7 5Gに標準搭載されているCPUはSnapdragon 778G

ベンチマークスコアが約49.7万点と数値上の性能は若干上回る、という程度。

中国版はCPU性能を高めたPro(Dimensity1200)・下位モデルのSEの3バージョンが発表されていました。

国内版はグローバル版が採用される可能性が高そうです。

 

CPUはReno7 SEと同じ。

ちなみに、Proグローバル版は中国版Proと搭載されているCPUが同じです。

 

ただし、両端末ともに違いがあって、全く端末というわけではありません。

価格的には日本円で約4万円(メモリー128GBバージョン)から用意されていたこともあって、手に取りやすさはさすが中国版、といったところ。

 

カラーバリエーションも変えてきました(中国版はブラック以外はオーロラ・ゴールド)。

 

 

有機ELディスプレイ採用、60Wの急速充電対応は有難いですね。

公式ではデザイン面をアピール、スッキリとした外観となっています。

 

防水防塵機能・イヤホン端子がない点は評価が分かれるところでしょう。

ちなみに、海外版Reno7 5GおよびReno7 Pro 5Gは楽天市場でも販売されているようですすが…推して知るべし。

もしリンク先を貼っているガジェット系ブログがあれば、私ならそのサイトのブックマークを削除してしまいそうな、そんなプレミアム値がついています。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

コメント