UMIDIGI bison GT2(Pro)4G版・5G版同時発表【タフネススマホ】【中国版】

 

スポンサーリンク

はじめに

 

UMIDIGI海外版公式ページ

 

中国のメーカー、UMIDIGI(ユミディジ)がタフネススマホを発表しました。

UMIDIGI BISON GT2

昨年発売されたbison gtの後継機となります。

 

今回は同時に4G版・5G版の発表となりました(少し性能が違います)。

価格帯を考慮し、当ブログでは【4G版】の紹介となります。

 

オフィシャルショップで予約受付中。

現在国内未発表の端末です。

 

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

Youtube版

 

UMIDIGI BISON GT2(4G版)の性能・機能

 

 

UMIDIGI bison gt2(4G版)(AliExpress公式オフィシャルショップ)

 

2022年2月発売との情報がありますが、国内到着は3月とあります。

GT2と、上位機種のGT2 proの2バージョン同時発売。

 

記事掲載当時の販売価格は4G版が407.95ドル~でした。

日本円に換算すると46,382円~です。

(1/29現在は415.40ドル~・日本円にして47,860円~)

 

ちなみに、5G版は約5.7万円から。

 

約6.5インチFHD+(2,400×1,080)液晶ディスプレイ

 

 

幅172.2・高さ83.9・薄さ12.9(mm)。重さ280g

 

 

Media Tek Helio G95(CPU)ARM Mail G76(GPU)

 

 

メモリ8GB+ストレージ128GB(proは256GB)

 

メイン広角6,400万+超広角800万+マクロ500万画素(トリプルカメラ)。フロント2,400万画素

 

 

バッテリー6,150mAh(18W急速充電)

 

 

Android12

 

 

デュアルSIM(nanoSIM)※microSDカード利用時はシングルSIM

 

 

防水防塵(IP69K)

 

 

側面指紋認証・顔認証

 

イヤホン端子あり

 

 

FMラジオ搭載

 

 

ブラックのみ

 

ahamo

端末のポイント

 

UMIDIGI bison GT2(Pro)ミドルクラスのタフネススマホです。

IP69k対応。

 

 

ホコリに強く…

 

 

防水は1.5メートルの深度で30分耐えられます(水中撮影OK)。

 

 

もちろん、衝撃耐性もあります。

 

 

寒冷地での使用もOK。

ハードな分重量感はあります。

 

CPUはHelio G95(ベンチマークテストが約29.5万点)

先代GTと同じCPUを使用しています。

 

ちなみに、5G版との一番の違いはCPU

5G版で使用されているCPUはMedia Tek Dimensity900(GPUはMali-G68)。

ベンチマークスコアは約48.7万点

数値だけみても、搭載されているCPUの性能にかなりの差があることがおわかりいただけるでしょう。

 

UMIDIGI bison GT2(Pro)5G(公式オフィシャルショップ)

 

公式で性能を確認すると分かるのですが、GT2(Pro)4G版はGTの上位互換というよりは廉価版といった印象があります。

バッテリー・ディスプレイサイズなどは違いますが、特別GT2が優れているという部分が少ないため。

 

主な比較でいえば…(GT→GT2)

ディスプレイ6.67インチ→6.5インチ

 

バッテリー5,150mAh(33W急速充電)→6,150mAh(18W急速充電)

 

フロントカメラ(セルフィーカメラ)3,200万画素→2,400万画素

 

といった具合。

 

購入の際は、GTとGT2の現在の相場価格を比較し安いほうを選ぶ、というのもいいかもしれませんね。

現在先代GTは、楽天市場など国内でも購入することができます。

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント