Google Pixel 5a(5G)SIMフリー&ソフトバンク版の性能・機能

スポンサーリンク

はじめに

 

Google Pixel 5a(5G)(Google Store)

 

今月末、発売されるGoogle Pixel 4a(5G)の後継機、Pixel5a(5G)。

発売日が8/26(木)・SIMフリーとソフトバンクで発売されることになりました。

今回はこの端末の紹介となります。

 

※使用している画像は公式ホームページより引用しています。

Youtube版

 

 

Google Pixel5a(5G)の性能・機能

 

おもな性能・機能を紹介。

なお、キャリア版とSIMフリー版との性能の違いはありません。

 

 

約6.34インチFHD+(2,400×1,080)ディスプレイ

 

アスペクト20:9。

カメラ用のパンチホールが付いているタイプです。

 

Snapdragon 765G

 

 

メモリ6GB、ストレージ128GB

 

 

メイン広角1,220万+超広角1,600万のデュアルカメラ+フロント800万画素

 

 

デュアルスピーカー内蔵

 

バッテリー4,680mAh

 

 

最大18W急速充電(ワイヤレス充電非対応)

 

防水防塵対応(IP68)

 

背面指紋認証、顔認証

 

nanoSIM(シングルSIM)

 

microSDカード非対応です。

 

Android11

 

幅73.7×高さ154.9×厚さ7.6(mm)、重さ約183g

 

 

色はモーストリーブラックの1色のみ。

価格は51,700円となっています。

ソフトバンク版は64,800円ですが、乗り換え割引などの特典を利用することで実質価格を下げることが可能です。

 

Google Pixel 5、4a(5G)との違い

 

サイズ比較。左から5、5a(5G)、4a(5G)

 

Google Pixel 5a(5G)は4a(5G)の後継機、5の廉価版に位置づけられるスマホです。

最も変化があったのはバッテリー容量。

3,885mAh→4,680mAhと大幅アップしています。

5と比較しても600mAhのアップ。

 

 

画面サイズは6.3インチと、5,5a、4a(5G)のなかで最も大きなサイズ。

その分、幅・高さともにも3端末の中では最も大きくなりました(高さは4a(5G)と同じ)。

 

ワイヤレス充電に対応しているのは5のみ。

5と同じく、IP67の防水防塵機能に対応しています。

本体の材質も、ポリカーボネート製(4a(5G))から、プレミアム金属製ユニボディに変更されています。

 

 

変わらないのは、カメラ性能(画素数)とメモリ・ストレージ(5のみ8GBメモリ)。

どのバージョンを選んでも同じ、ミドルクラスのCPUになっています。

 

ただし、これまでのシリーズではGoogleフォトを使用した無制限保存が公式サイトから消えており、この点には注意が必要です。

 

なお、購入特典のひとつ、Youtubeプレミアム3か月無料は今回の5a(5G)でも存在していますので試してみるのもいいかもしれませんね。

価格は3バージョンの中で最も安く設定されています。

購入申し込み検討の参考になれば幸いです。

 

今回は以上になります。

ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

 

 

その他
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント