ミドルスペック&タフネス&規格外のバッテリー。タフネスすぎるスマホ、OUKITEL WP15

 

スポンサーリンク

はじめに

 

WP15(OUKITEL mobile海外版公式ページ)

 

前回、中国のスマホメーカー、OUKITEL mobileのタブレット端末を紹介しました。

タブレット端末としては希少価値のあるタフネス設計でした。

 

 

今回は同じくOUKITEL mobileのタフネススマホ、OUKITEL WP15の紹介。

こちらの紹介となっています。

 

※使用している画像は公式ホームページ(海外版等)より引用しています。

Youtube版

 

 

WP15のおもな性能・機能

 

WP15(OUKITEL mobileオフィシャルショップ)

 

2021年7月発売。

グローバル版のSIMフリーです。

WP15のおもな性能・機能は以下の通り。

 

約6.52インチHD+(1600×720)液晶ディスプレイ

 

 

Mediatek Dimensity 700

 

 

参考までに、ガジェットサイトなどによるとベンチマークテストは総合29万~30万点。

5G対応。

 

幅86.2×高さ178.2×厚さ23.8mm。重さ485g

 

メモリ8GB、ストレージ128GB

 

 

メイン4,800万+200万+30万画素。フロント800万画素

 

 

ところでこのカメラ画素数表記、公式サイトを直訳すると・・・

Main camera=メインカメラ4,800万画素

 

Microlens camera=マイクロレンズカメラ(クローズアップもできるカメラ)200万画素

 

Bokeh camera=ボケカメラ(ポートレートなど、人物にピントを当て、それ以外の部分をぼかす)30万画素

 

となっており、当ブログでカメラを説明する際に使用している【広角・超広角・望遠】の意味合いとは少し異なるようです。

(実際、端末説明のブログ等を見る限りではこの部分を説明しているところは確認できませんでした。)

 

バッテリー15,600mAh

 

 

nanoSIM(デュアルSIM)

 

 

microSDスロットが使用可能ですが、SIMカードを2枚挿す場合はmicroSDを取り外して使用する、いわゆる排他的利用方法です。

 

防水防塵(IP68/IP69K)・耐衝撃

 

水中撮影も可能

 

18W急速充電

 

画面内指紋認証・顔認証

 

Android11

 

GPS搭載

 

ブラック・オレンジ(色展開)

 

端末のポイント

 

 

OUKITEL WP15はミドル~ハイクラス性能を持ったスマホです。

CPUは廉価版5Gスマホに搭載されるタイプ(最近だと、ワイモバイル版ZTEのLibero 5GⅡ)とミドルクラスなのですが、メモリーは8GB。

 

ただし、規格外のバッテリー容量は圧巻の一言。

加えて急速充電にもしっかり対応。

 

そして、タフネススマホといえば業務用の高圧洗浄などにも耐えるIP69K

ミドルハイな性能にタフネスさを加えた外装と相まって、コンパクトで手軽に・身近なアイテム、といったスマホのイメージとは大きくかけ離れた設計です。

実際重さは約500gとスマホはもちろん、昨今軽量化していくタブレット端末よりも重量感を感じるレベル。

 

 

OUKITEL WP15(Amazon)

 

購入方法としてはOUKITELのオフィシャルショップ、国内ではAmazonなどで出典が確認することができます。

価格は海外サイトが4万円前後、Amazonが5万円前後といったところでしょうか。

楽天市場では防護フィルムの販売にとどまっています。

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報をメインに、役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント