日本通信【合理的20GB(今は16GB)プラン】④SIMカード到着直後の印象、休日の速度

 

スポンサーリンク

はじめに

 

 

日本通信、SIMカード、届きました。

今回は利用してみた直後の印象をメインにお伝えしていきます。

 

申し込んだ後の状況も合わせて紹介するので、購入検討の参考になれば幸いです。

 

※ブログやYouTubeで使用している画像は公式ホームページより引用しています。

ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

 

 

 

このブログではNTTドコモ対抗となるMVNO(格安通信会社)日本通信のプラン、【合理的20GBプラン(今は16GB)】を紹介してきました。

 

日本通信①ドコモ対抗プラン発表

日本通信②メリットと注意点について

日本通信③申し込んでみました

 

◆そして、前回とあわせた内容の動画をYoutubeでアップしました!

音声付きで紹介していますので、そちらも合わせて参考にしていただけたら幸いです。

 

そして、評価は実際に自分自身が使ってみないと分からない!

ということで、申し込み→到着→使用という流れです。

 

申し込み後

 

発送案内メール

 

まずは申し込むと認証完了およびSIMカード発送案内メールが届きます。

販売当日直後に申し込みましたが、混雑の状態にもよるのかだいたい1日半程度かかりました。

 

メールの内容は発送案内のほか開通期限の日付が記載されており、その期限までに開通手続きを行わないと申し込みは無効となってしまいます。

のちほど初回手数料の案内メールが届くのですが、無効の場合はこの初回手数料は返金されませんのでご注意ください。

 

SIMカードはレターパックで届きます。

受け取りが必要なため、必ず在宅するようにしましょう。

メールに記載されているURLをクリックすると、配達状況を確認することができます。

 

発送状況

 

 

同封内容。

SIMカードのほか、スタートガイド、納品書が入っています。

SIMカードを差し込む前に、まずは日本通信のマイページにログインし、開通作業を行いましょう。

 

開通作業ページでは、届いたSIMカードの下4ケタを入力し、「開通」を押すだけ。

開通選択後のキャンセルはできません。

 

00:00-10:00までに(開通)申込み:当日11:00頃までに完了
10:00-20:00までに申込み:申込みから1時間以内に完了
20:00-24:00までに申込み:翌日11:00頃までに完了

 

となっています。

 

なお、マイページでは利用データ量や請求内容明細のほか、データ上限設定の変更(1GBあたり+250円/月。初期設定は16GB)が行えます。

 

設定

 

開通手続き完了メールが届いたら、SIMカードをスマホにセットしてAPN設定を行います。

 

APNとはなんぞや?

ということはさておき、お手持ちのスマホで日本通信のSIMを使えるようにするための設定、と思っている程度の知識でここは問題ありません。

 

私の場合、Android端末なので歯車マーク(設定)からAPN設定に飛ぶか、設定をするような内容の通知をクリックすると新規設定画面にいくことができます。

なお、スタートガイドにはiPhone用の設定方法もきっちり紹介されています。

 

設定画面(の一例)。設定マニュアルに無い項目は無視してOK

 

スタートガイドの設定を参考に、書かれてある項目のみ入力。

全て入力し終えたら保存して、今追加したAPNを選択すれば設定は終了です。

 

速度計測

 

接続して、早速アプリを使用して速度を測ってみました。

回数としては同じ時間帯に数回計測。

 

今回の計測は速報のため、休日の昼・夜の2回計測しています。

 

スマホ計測

 

 

 

今回の計測時は土曜日(休日)の夜。

上り(ダウンロード)速度は45Mbps~50Mbpsの間くらい。

下り(アップロード)速度が5Mbps~7Mbpsくらいと出ました。

 

 

 

続いての計測は日曜日(休日)の午前中。

上り(ダウンロード)速度は18Mbps~50Mbpsの間くらいと、かなり違いがあります。

下り(アップロード)速度は6Mbps~17Mbpsと、こちらも速度にばらつきがありました。

 

テザリング計測

 

続いては、パソコンにつないで。数回の計測。

テザリングの場合、テザリング元のスマホとの相性があるため、参考程度に。

 

Google Pixel 4aはテザリング性能に問題あり?

 

 

 

上り(ダウンロード)速度は15Mbps~25Mbpsの間くらい。

下り(アップロード)速度が7Mbps~10Mbpsくらいといったところでしょうか。

 

スマホで計測したときに比べて、上り(ダウンロード)が半分以下の速度になっているのは気になるところ。

 

 

 

続いての計測は日曜日(休日)の午前中。

上り(ダウンロード)速度は25Mbps~27Mbpsの間くらいと安定していますが、逆に言えば、これくらいが平均値なのかもしれません。

 

下り(アップロード)速度が5Mbps~13Mbpsくらいと、こちらはばらつきがありました。

 

まとめ

 

現時点では、平日のデータ計測がまだなのとしばらく使った感覚、とくに気になるところでは

 

高速通信を使い切ったあとの低速通信がどれくらい遅いのか?

 

という点がまだ分かりません。

この点が対抗とするNTTドコモプラン【ahamo】との一番の違いなので、気になる人は多いのではないでしょうか。

 

【ahamo】プランは制限速度でも最大1Mbpsの速度を保証

個人的にもこの点が一番気になっていますので、このブログではその点も後日紹介していく予定です。

検討の参考になれば幸いです。

 

日本通信リンク集

 

続き・その後はこちらからどうぞ。

 

日本通信⑤平日の通信速度

 

日本通信⑥低速通信後の速度と気付いた点

 

2/18~日本通信「3大キャリア対抗プラン」最速・最安。【導入検討の参考に】

 

YouTube版

コメント