ワイモバイル新プラン、2021年2月からサービス開始もソフトバンクとの差別化が厳しい状態に

12/22(火)にワイモバイルから新プランの提供が発表されました。

現在、ワイモバイルで提供しているプランは3つ(スマホベーシックプランS,M,R)。

12/22(火)現在、公式ページはこの3つのサービスを提供している状態ですが、これが2021年2月から新たに

 

「シンプルS」(3GB/旧プラン2,680円→1,980円
「シンプルM」(10GB/旧プラン3,680円→2,980円
「シンプルL」(20GB/旧プラン4,680円→3,780円

 

※価格はいずれも税抜き

の3つに生まれ変わり、4Gおよび5G対応可能となりました。

現サービスは新サービス開始から申し込みが終了していく見込み。

現在加入しているかたは継続して利用可能。

高速通信容量を使い切った後の速度は変わらず、1Mbps(M/L)、300kbps(S)。

 

通話に関してはオプションサービスとなっています(30秒あたり20円)。

月額料金はこの基本料金から学割、光セット割引、家族割引などの条件クリアにより値下げになる仕組みとなっています。

 

 

なお、同日に親会社であるソフトバンクも新プラン(20GB2,980円)を発表しています。

ワイモバイルの新プランとの主な違いは

 

5分間の無料通話付き
LINE使い放題
サービス開始は2021年3月から
オンライン申し込み専用

 

となっており、同様の価格帯となる、シンプルM/L以上の特典がある仕様となっています。

ワイモバイルの利点としては、店頭でも申し込み可能という点。

 

ドコモの新サービス同様とすれば、ソフトバンクの新プランは問い合わせなどの対応も排した仕様になるものと想定されます。

ただそれでもワイモバイルの存在意義・差別化が厳しい状態に感じてしまったのは私だけでしょうか。

通信会社
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント