【Xiaomi】グローバル版発表。Redmi 10(2022)【仕様変更あり?】

ahamo

スポンサーリンク

はじめに

 

Redmi 10 2022(Xiaomi)海外版公式ホームページ

 

Xiaomiから、昨年発売された端末がバージョンアップして登場。

端末名が同じのため、Redmi 10(2022)と区別して紹介します。

 

グローバル版の発売です。

現在国内未発表端末ですが、多数の端末が発売されていることから可能性は高いでしょう(性能が変わる可能性もありますが)。

 

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

 

Redmi 10(2022)の性能・機能

 

Redmi 10 2022(Xiaomi)海外版公式ホームページ

 

発売は2022年8月予定と、まだ先の予定だけに価格は未定となっています。

そのため、今回紹介している端末の性能・機能も変更される可能性があります。

 

価格についてはコストパフォーマンスが高い端末を数多く発売している実績があります(予想価格は3万円前半)。

当ブログで紹介する端末としては問題ないと思われます。

 

現段階で判明している、Redmi 10(2022)の性能・機能は以下の通り。

 

約6.5インチFHD+(2,400×1,080)液晶ディスプレイ

 

 

幅161.95・高さ75.53・薄さ8.92(mm)。重さ181g

 

 

Media Tek Helio G88(CPU)Mali-G52(GPU)

 

 

メモリ4GB+ストレージ128GB(microSDスロットあり)

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

メイン広角5,000万+超広角800万+マクロ200万+深度200万画素(クアッドカメラ)。フロント800万画素

 

 

バッテリー5,000mAh(急速充電18W)

 

 

MIUI12.5(Android11相当)

 

 

側面指紋認証+顔認証

 

イヤホン端子あり(デュアルスピーカー)

 

Pebble White(ぺブルホワイト)、Carbon Gray(カーボングレー)、Sea Blue(シーブルー)3色展開

 

 

端末のポイント

 

 

Xiaomi Redmi 10T(2022)ミドルクラスのスマホです。

CPUはMedia Tek Helio G88、ベンチマークスコアは約19万~25万点と、情報によってばらつきがみられるようです。

いずれにしても、そこまで高いスコアではないのが少し残念なところで、2022年現在だとエントリー~ミドルの中間と言えるかもしれません。

 

4GBメモリーにも物足りなさを感じます。

ミドルクラスのCPUを扱うなら、やはり6~8GBバージョンをおすすめしたいところです。

 

 

クアッド(4眼)+フロントで様々な用途に利用ができるカメラ性能はさすがXiaomiの看板を背負った端末と言えます。

発売日はまだ先ということもあり、この期間に性能アップを願ってしまうのは私だけでしょうか。

 

NURO 光

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

  

コメント