【シャオミ】ミドルクラスのタブレット端末。Xiaomi Pad5

 

スポンサーリンク

はじめに

 

Xiaomi Pad5(シャオミジャパン)

 

Xiaomiが国内向けに満を持して投入するタブレット端末、Xiaomi Pad5。

Xiaomi Japanの公式Twitterで告知されていた、10/21(水)発表。

ようやく発売日と価格が決定するのでは?と言われていました。

 

フタをあけてみるとそれは、Xiaomi Pad5の当日発売と価格の発表でした。

今回のブログは、当時公開されていた中国版の性能・機能などを紹介した以前の記事をもとに、情報を更新した上で改めてアップしたものとなっています。

 

※使用している画像は公式ホームページより引用しています。

Youtube版

 

Xiaomi Pad 5の性能・機能

 

 

国内発売されるXiaomi Pad 5はストレージ容量の違う2タイプが用意されています。

 

約11インチWQHD+液晶ディスプレイ

 

 

 

リフレッシュレートは120Hz。

 

Snapdragon 860

 

 

メモリ6GB、ストレージ128GB、または256GB

 

メイン広角1,300万+インカメラ800万画素のシングルカメラ

 

 

バッテリー8,720mAh

 

 

33W急速充電

 

 

4スピーカー

 

 

顔認証(側面指紋認証、顔認証)

 

Mi UI12.5 for pad (Android11ベース)

 

 

幅166.25×高さ254.69×厚さ6.85(mm)、重さ511g

 

色はパールホワイト・コズミックグレーの2色展開。

 

端末のポイント(グローバル版との違い)

 

ここでは海外版との違いについて紹介。

一番の違いはグローバル版などで発売されていた、Proが存在せず1バージョンのみの販売となる点。

細かな違いとしては、色展開が3色から2色に。

そして、価格でしょう。

 

Xiaomi Pad5(シャオミジャパンオンラインストア)

 

価格は6GB+128GBバージョンが43,780円

※10月21日19時現在、公式オンラインストアでは256GBが販売していません。品切れ?

3万円台前半で購入できたグローバル版と比較すると、国内向けに少し上乗せされている印象。

防水防塵機能・イヤホンジャック端子はありません。
USB接続端子はtype-C。

 

 

同時発売されるタッチペンの価格も発表されています。

価格は11,800円

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント