Xiaomi Pad 6 Max 14【中国版】ノートPCタイプの大画面が特徴のハイエンドタブレット端末

スポンサーリンク

はじめに

 

Xiaomi Pad 6 Max 14(Xiaomi中国版公式ページ)

 

Xiaomiのタブレット端末・上位互換版の紹介です。

Xiaomi Pad 6 Max 14(中国版)。

 

その名の通り、Xiaomi Pad 6をベースにした端末。

ブログでは、国内版含めこれまで3端末取り上げてきました。

どのあたりに違いがあるでしょうか。

 

 

 

 

※使用している画像はXiaomi中国版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

 

2023年8月発売。

今回の価格はメモリ・ストレージ容量の違いで4バージョン設定。

中国版の現在の価格は最安で3,599元(日本円で7.2万円)から。

一番低いバージョンでも無印版・中国版(同3.7万円)の約2倍の価格設定になっていますね。

 

ちなみに、Proの当初の価格設定は2,499元(同4.9万円)と、こちらと比較しても約2万円の開きがあります。

 

おもな性能・機能

※無印版(中国版)との違い(性能サイズ↑性能サイズ↓

 

【画面サイズ】14(+3)インチ(2,880×1,800)LCD液晶ディスプレイ(画面比率16:10)。リフレッシュレートは120Hz

 

 

【本体サイズ】206.1(+41)×高さ318.5(+64.6)×薄さ6.5(ミリ)重さ750(+260)グラム

 

 

【CPU】Snapdragon 8+Gen1(3.2GHz)【GPU】Adreno 730

 

 

【メモリ+ストレージ構成】8GB+256GB、12GB+256GB12GB+512GB16GB+1TB

 

【カメラ】メイン5,000(+3,700)万+深度200万画素デュアル構成)+フロント2,000(+1,200)万画素

 

 

【バッテリー】10,000(+1,160)mAh+67(+34)W急速充電

 

 

【その他機能】オクタスピーカー+Dolby Atmos(ハイレゾ表記なし)・スタイラスペン対応、Wifi専用モデル

 

 

認証方法表記なし。※防水防塵機能・イヤホン端子なし

 

【OS】Mi UI Pad 14(Android13

 

 

 

 

端末のポイント

 

CPU性能

 

 

今回紹介した端末はハイエンドのタブレット端末で、そのCPUのベンチマークスコアは約110万点

先行発売されている、Xiaomi Pad 6 Proと同じCPUが採用されたかたちになります。

 

無印版との違い(近いのはPro)

 

 

最大の違いはなんといっても、その名前のとおり大きくサイズアップされた画面サイズということになるでしょうか。

無印版をはじめとしたほかのシリーズとは、外観上は似ても似つかぬ端末となりました。

 

 

それ以外の性能・機能面はProに共通点が多い端末となっています。

今回分かりやすい比較として無印版を取り上げていますが、似ているのはProのほう。

 

 

分かりやすいのはCPUとカメラ性能・画素数ですね。

どちらもProと変わりありません。

画素数が高く、どちらもタブレット端末で採用されるには珍しい高性能となっていますね。

 

Max独自の性能

 

 

Pro・無印版どちらにもない、分かりやすい違いはバッテリー

タフネスモデルを想定させるような1万mAhのバッテリーでしょう。

ただ単にバッテリー容量が多いだけではなく、Pro同様67Wに急速充電性能もアップしています。

 

 

個人的に驚いたのはスピーカーですね。

オクタスピーカーという用語は当ブログでは初めて使用しました。

8つのスピーカーという意味です。

 

無印版・Proには採用されていた、ハイレゾ対応表記こそないものの…

Maxの名にふさわしい、性能機能を詰め込んだ端末となっています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Xiaomi Pad 6 ミストブルー 8+128GB タブレット VHU4329JP
価格:55,980円(税込、送料無料) (2023/8/15時点)

楽天で購入

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

タブレット
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント