ミドルクラススマホVivo Y32(Vivo Y21T)中国版・インドネシア版発表

 

スポンサーリンク

はじめに

 

Y32(Vivo中国版公式ページ)

 

今回のスマホ紹介はエントリー~ミドルクラスの中華スマホ。

Vivo社のY32の紹介です。

Vivoは日本国内では馴染みがありませんが、エントリー~ミドルクラスを中心に数多くのスマホを発売しています。

 

今回は同時期にY32と機能を同じくした、インドネシア版も発表されています(インドネシア版の名称はY21T)。

 

Y21(Vivoインドネシア版公式ページ)

 

※使用している画像は海外版公式ホームページ等より引用しています。

 

Vivo Y32の性能・機能

 

Y32 4G(4GB+64GB)

 

2021年12月発売。

価格はY32(中国版)がバージョンの違いから4タイプ存在し、899元(日本円で約16,000円)から。

Y21T(インドネシア版)は1バージョンで3,099,000インドネシア・ルピア(日本円で約25,000円)。

 

約6.51インチHD+(1,600×720)液晶ディスプレイ

 

水滴型のノッチディスプレイ

 

幅164.26・高さ76.08・薄さ8.00(mm)。重さ182g

 

 

 

Snapdragon 680 4G(CPU)・Adreno 610(GPU)

 

 

メモリ4・6・8GB+ストレージ128・256GB(Y32T)、メモリ6+2GB(※公式表記のまま)・ストレージ128GB(Y21T

 

 

メイン1,300万+深度カメラ200万画素(デュアルカメラ)。フロントカメラ800万画素

 

 

バッテリー5,000mAh(18W急速充電対応)

 

 

側面画面認証+顔認証

 

OriginOS1.0(Android11ベース)

 

 

イヤホン端子あり

 

デュアルSIM(nano SIM×2)

 

 

microSDスロットあり

 

パールホワイト・ミッドナイトブラック

 

 

端末のポイント

 

 

Vivo Y32(Vivo Y21T)エントリー~ミドルクラス相当のスマホです。

一部情報ではミドルクラスと確定しているところもあるようですが、反面GPU性能に劣る…という話も。

 

情報がはっきりしないのは、Snapdragon 680 4Gは今回の端末で初採用されるCPUという点にありそうですね。

(参考程度に)近い番台として、Snapdragon678(Redmi Note10などに搭載)はベンチマークスコア約27万点(GPU約4万点)。

 

中国版ではメモリーとストレージ容量に幅がありますが、主力はインドネシア版で採用されている1バージョン、8GB+128GBといえそうです。

 

当ブログでは初めて取り上げる、Vivo社は独自OS(OriginOS)を採用。

クセがある(ヴィジェットの配置が異なる等)との話も。

中国スマホメーカーはXiaomi、OPPOなど独自OSを採用する傾向にありますが、Vivoもまた例外ではないようです。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント