10/1UQモバイル、auと統合しサブブランドに

UQモバイルは10/1(木)より、auの経営元であるKDDIと統合され、新たにスタートすることになりました。

これにより、UQモバイルはauのサブブランドとなったのです。

 

UQ mobile

 

位置づけとしては、メインのau、格安プランのUQモバイル、部分特化した子会社のMVNO、BIGLOBEモバイル・J:COMモバイルといったところでしょうか。

 

 

UQモバイルユーザー側としては請求先がKDDIに自動的に変わるため、影響はないかとおもわれますが、今後楽天モバイルのように電子マネー(au pay)のポイントキャンペーンなどの企画がUQモバイルでも前面に打ち出されていくものと予想されます。

※WiMAXサービスは引き続きUQモバイルで管理

 

これにより

 

au・UQモバイル・BIGLOBEモバイル、J:COMモバイル→au Pay関連キャンペーン

ソフトバンク、ワイモバイル→Pay Pay関連キャンペーン

楽天モバイル→楽天Pay・楽天Edy関連のキャンペーン

 

というキャリアによる使い分けがより明確になっていきそうです。

逆に、キャリアに付属していないほかのMVNOも徐々に統合していくのかもしれません。

今の段階では価格競争も頭打ちでしょうし、関連キャンペーンなどと組み合わせる必要性は明らかです。

サブブランドを持っていないNTTドコモとともに、他社の動きが気になります。

 

UQ mobile

通信会社
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント