UMIDIGI G9 5Gグローバル版。G6の後継機が早くも発表薄型ミドルスマホ【発売日・価格未定】

スポンサーリンク

はじめに

 

G9 5G(UMIDIGIグローバル版公式ページ)

 

中国のメーカーUMIDIGI(ユミディジ)のスマートフォンを紹介。

UMIDIGI G9 5G(グローバル版)

先代はブログでも取り上げたG6 5Gとなるようです。

 

 

※使用している画像はUMIDIGIグローバル版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

2024年発売。

こちらの端末も先代・先々代同様、発表タイミングでの価格と発売日が未定。

参考までに、先代にあたるG6は発売(2024年7月)の前月(2024年6月)に価格と発売日が決まっていました。

 

おもな性能・機能

※G6との違い(性能サイズ↑性能サイズ↓

 

【画面サイズ】6.75(+0.18)インチHD+(1,600×720・画面比率20:9)液晶ディスプレイ・リフレッシュレート最大90Hz

 

 

【本体サイズ】167.2(+3.3)×高さ77.0(+1.7)×薄さ7.9(-0.4)(ミリ)・重さ189(+6)グラム

 

 

【CPU】UNISOC T765(2.3GHz)【GPU】Mali-G57

 

 

【メモリストレージ】6GB+128GB(外部ストレージ対応)

 

 

【カメラ】メイン5,000万+深度200万+マクロ200万画素(トリプル構成)+フロント800万画素(シングル構成)

 

 

【バッテリー】5,000mAh+急速充電18(+8)W

 

 

【OS】Android14

 

 

【WiFi】802.11 ac/b/g/n【Bluetooth】v5.0【4G】 B1/2/3/7/8/12/13/17/20/26(5/18/19)/28AB/66
・B34/38/39/40/41F(B4/25/71×
【5G】N1/2/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66(4)/77(48/78)(N71×)

 

 

【その他機能】デュアルSIM(nanoSIM)・側面指紋認証+顔認証・モノラルスピーカー・イヤホン端子あり・5G対応・ACアダプター付き

 

 

【カラーバリエーション】ブルー・ブラック・グリーン3色展開)

 

 

IIJmio(みおふぉん)

端末のポイント

 

CPU性能

 

 

今回紹介した端末はミドルクラスのスマートフォンです。

CPUスコアは約38.8万点

UNISOC Tシリーズというとエントリークラスの印象が個人的にはありますが、こちらは比較的高め数値となっています。

 

G6は2024年基準だとミドルローでしたが、本端末はミドル判定。

3~4万点くらいの違いでしょうか。

 

G6との違いと特徴

 

 

G6先代とはいえど、ブログ作成時点ではまだ発売されていない端末。

ですが、基本的な性能はCPUをはじめ近しいものを感じます。

 

 

とはいえ、全体的に今回の端末はサイズアップ・インチアップ。

少しだけ軽くなっています。

こちらも個人的な感想になりますが、UMIDIGI端末としては大きめディスプレイサイズな印象。

 

 

G6の大きな特徴だったデュアル+デュアル構成のカメラは今回はトリプル+シングル構成とノーマルなつくりに。

ただ、G6はメイン+ナイトビジョンと割り切った振り分けで使用する人を選ぶ部分もあっただけに、ここは好みが分かれそう。

 

 

 

気になる点といえば、通信関連でしょう。

Bluetoothのバージョンが5.0にバージョンダウンしている点。

4Gバンド対応数が変更して、対応となったものもありますが非対応バンドが増えていることは注意しておきたいところ。

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント